どうして秋になると葉っぱは赤くなるの?紅葉の仕組み

秋になると全国各地できれいな紅葉が見られますよね!どうして秋になると葉っぱがきれいに色づくのか知っていますか?今回は紅葉のメカニズムに迫りたいと思います。

紅葉

秋になると全国各地できれいな紅葉が見られますよね!

 

どうして秋になると葉っぱがきれいに色づくのか知っていますか?

今回は紅葉のメカニズムに迫りたいと思います。

 

紅葉する木としない木の違い〜落葉樹とは?〜

落葉樹

紅葉を見ていると中には年中緑色の木も混じっていることに気づいていましたか?

木は大きく落葉樹と常緑樹に分けられます。そして、紅葉するのは落葉樹なのです。

 

どうしてこのような違いが生まれるのでしょか。

 

そもそも葉っぱには栄養をつくり出す光合成とその栄養を消化するための呼吸、そして蒸散という大きく三つの役割があります。

葉緑体

落葉樹の場合、夏の間は光合成で十分に栄養が作れるのですが、冬になり日射量の低下する日本のような地域では光合成で十分に栄養が作れず、呼吸や蒸散による損失の方が大きくなってしまうのです。

 

その結果、冬になる前に葉を落とすことで無駄な損失を防ぐのですね!

 

紅葉する木としない木の違い〜常緑樹とは?〜

常緑樹

一方で常緑樹は葉の形や構造を変化させることで

冬でも上手く光合成をして生き延びれるように進化した木なのです。

 

春に一気に葉を形成するコストがかからないという利点もあるのです。

 

もちろん、常緑樹も老化による葉の生え変わりはありますが、

新たな葉っぱが形成されてから、古い葉っぱが落ちるので落葉しているように見えないだけなのです。

 

どうして葉っぱは緑色なの?

葉っぱ

紅葉のメカニズムに迫る前に、そもそもどうして葉っぱが緑色に見えるか知っていますか?

葉っぱ中には光合成をするための葉緑体という物質が含まれています。

葉緑体

葉緑体は赤色と青色付近の光を吸収し、緑色付近の光は吸収しづらく、反射散乱させるために緑色にみえるのです。

 

どうして葉っぱは色づくの?

紅葉

落葉樹では、秋になると冬に向けて葉緑体を含めた葉の栄養分が幹側へと移動します。

葉緑体が失われた後に葉緑体の代わりに光から葉っぱを守るための色素のお陰で、紅葉が楽しめるのです。

 

代表的な色素には、カロテノイドとアントシアンがあります。

カロテノイドは春から夏にかけても存在しますが、葉緑体により隠れているのが秋になり葉から葉緑体がなくなると黄色の姿をあらわします。

アントシアンは葉緑体が葉からなくなると作られます。

いかがでしたでしょうか?

紅葉の仕組みがわかったところで、ぜひお子さんと散策にお出かけしてみてくださいね。

 

それでは!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です