お孫さんのいるご夫婦へ。距離感を大切にしていきましょう。

お子様が成人をし、結婚して、お孫さんができるとはとても『おめでたい』事です。 しかし、子育ての際に『干渉のしすぎ』、『行き過ぎた教育熱』は子どもの成長を促すどころか 妨げになることもございます。 祖父母の心境とすれば、孫が、習い事の詰め込みにより元気に過ごしているか心配ですので そんな祖父母の方々のご意見をまとめてみました。

祖父と孫

お子様が成人をし、結婚して、お孫さんができるとはとても『おめでたい』事です。

 

しかし、子育ての際に『干渉のしすぎ』、『行き過ぎた教育熱』は子どもの成長を促すどころか

妨げになることもございます。

 

祖父母の心境とすれば、孫が、習い事の詰め込みにより元気に過ごしているか心配ですので

そんな祖父母の方々のご意見をまとめてみました

 

ケース1 習い事や教室は子どもの可能性をたくさん伸ばせるもの

 

勉強する男の子

 

本来、習い事というのは『子供の可能性を広げるもの』であります。

 

しかし、子ども本人が楽しめずに負担を心に抱えているようであれば、

せっかくの習い事が無駄になってしまうことにもなりかねません。

 

大切なのは、子どもが楽しく学べること。これを意識して、子どもの教育に親は向き合てほしいものです。

 

しかし、楽しく学ぶとは言いつつも、『我慢』をするのが大切な事であるのもまた事実です。

先生に少々手厳しい指導を受けてしまい、『もう、やりたくない』となるお子様の気持ちはわかりますが

やりたくないから、やらない』という選択肢は、大きくなるにつれて通用しなくなります。

 

習い事でも、本人の『もうやりたくない』を乗り越えた先に何かつかめることがある事を教えてあげるのも

ご両親のお仕事の1つなのかも知れません。

 

ここのバランスは、大変デリケートな部分ですのでご両親は、よくお子様と日頃から

コミュニケーションをとり、SOSのアラートを見逃さないのが大切ですね。

 

 

ケース 2 老後の人生をより豊かなものに

老夫婦

 

ご自身のお子様にさらに子ができ、を持てたことは大変喜ばしく、おめでたいことです。

 

しかし、おじいちゃん/おばあちゃんになった途端、お孫さんが主体の生活になってしまうのはいかがでしょうか。

 

もちろん、それぞれご家庭の事情により、お孫さんの面倒を見ている場合もあると思います。

 

しかし、せっかくご自身のお子様を1人前に育てた後に

そのお孫さんの面倒をかなり高い頻度で見ている場合もあります。

 

あくまでも自分の生活を主体とした上で、家族と向き合って生活していかないと、ストレスを抱えて祖父母の方が

ダウンしてしまう事にもなりかねません。

 

 

 

 

ケース 3 孫のしつけの仕方に口出しはダメ??

孫に本を読み聞かせるおばあちゃん

 

子育て中の、娘さんやお嫁さんに口出ししても良いのか、悩む祖父母さんがいらっしゃいます。

 

一生懸命子育てしているのに、横やり入れられるのは、「カチン」と方もくるかもしれませんが

一家庭を築きあげてこられた方のご意見は、貴重なものですし、アレコレと口を出したくなってしまう

お気持ちはわかります。

 

しかしながら、相手を尊重しつつ『こういった方法もあるよ』というぐらいに留めておきましょう。

 

また、祖父母の子育て時代と比べると、現在の親の子どもに対する接し方はずいぶんと、変わりました。

祖父母の世代の方々はご自身のお子様の世代を「甘い」と感じてような結果も出ているようです。

 

今後、祖父母として『最高の相談役』となる為にも

目の前のだけでなく、3年後、5年後を見据えたしつけや、教育が重要な事を伝えてみても

いいかも知れないですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です