スイカの縞模様はなぜあるの?

夏の風物詩と呼ばれるくらい定番となっているスイカですが、見た目が縞模様で特徴的ですよね? 他の果物や野菜と比べても、スイカのように縞模様が入ったものは全然ありません。 それでは、なぜスイカはこのような縞模様が入っているの解説していいますが、実はその理由は諸説あります。 その中でも今回は有力だと考えられている「自ら進化して縞模様になった説」「人によって品種改良された説」を紹介していきます。


サムネイル

自ら進化して縞模様になった説

サムネイル

これはスイカの繁殖に関係があります。

スイカは水分たっぷりと含まれていることから意外と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、スイカの原産地はアフリカの砂漠地帯であり、非常に水分が少ない地域なのです。

植物が成長するために水分は欠かせないですが砂漠地帯では満足に水分を得られないため、より水分の多い場所へと繁殖する必要があります。
しかし、自分の意志で移動することはできません。そのため、鳥などに食べてもらって、種を遠くの水分の多い地域へと運んでもらう必要がありました。
そこで、上空を飛んでいる鳥から見つけてもらいやすくなるたまのアピールとして縞模様へと進化したと考えられているのです。

水分が必要なのは鳥も同じなので、スイカは全体の90%が水分出来ているため、鳥にとっても水分補給にはうってつけということですね。

人によって品種改良された説

サムネイル
スイカは現在では、そこそこ甘みのある食べ物ですが、昔は苦味が強くおいしく食べられるようなものではなかったみたいです。

そして、その当時のスイカは他のウリ科の植物と同じように縞模様はなく、すべてのスイカは緑一色でした。そこで砂漠地帯の貴重な水分であるスイカをどうにかおいしくいただこうとして品種改良に乗り出したと言われております。

改良を重ねた結果、苦味ではなく甘さを残したスイカが誕生したのですが、その際に縞模様が発生したものだと考えられております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です