100円均一ショップはなぜ安い?

最近は100円均一のアイテムを使って簡単にDIY(何かを自分で作ったり)することが流行っています。昔と比べてこんなものまで売っているの?と思ってしまうような、魅力ある商品が揃っている100円均一ショップですが、どうしてそんなに安いのか調べてみました。


サムネイル
100円均一は、中小企業や中国などから大量に仕入れて売ることで一個あたりの仕入れ高を抑え、仕入れ高のほうが高い利益率の低い商品と利益率が高い商品を一緒に売ることで総利益高を黒字にしているために安く売ることができていると言えます。

安い100円均一の仕組みとは?

どんなものでも100円で売っている100円均一ショップですが、最近はDIYに使ったり、デザイン性の高い商品が増えています。

お店に行くとその品揃えから、『どうしてこんなに安いのだろう?』と思うことも少なくありません。その理由として、100円均一ショップは、一番に仕入れにかかる費用をギリギリまで安くしていることが挙げられます。

食品では、例えば賞味期限一週間前の売れ残りの商品を大手メーカーから、一度に大量に仕入れることで仕入れ高を抑えています。
また、国内の中小企業から直接仕入れたり、海外、特に中国などのある程度機械化がされているところだと大量受注、生産が可能になります。その際に大量にまとめて輸送するために輸送にかかるコストも削減することができます。

100円均一ショップは、そのコンセプトだけで宣伝になるため、宣伝、広告費用がかからないこともコストを抑えることができている要因の一つです。
また、社員数が少なくその多くはパートなどの非正規雇用であるため人件費削減にもなっています。
そして、利益を出すことができている大きな要因として『全てが100円だと思うと必要以上に買いすぎてしまう』ことにあります。

カップマグやボールペンなど原価が安い商品と鍋などの原価が高い商品が一緒に同じ値段で売られていることで、客が買ったときにその二つの商品を一緒に買うことになるので、お店としては総じて黒字になる、という仕組みがあるために100均一は実現できているのです。

それに加えて、最近は自社ブランドの商品も増えていてそこから利益を得ることができているのも『こんなものまで売っている』便利で安い100円均一ショップの理由の一つです。

100円均一ショップを賢く利用するには?

サムネイル
安くて便利な100円均一ショップですが、その安さからつい買いすぎてしまいがちです。
一つ辺りは安くても買いすぎると家計に響くこともあります。

無駄な買い物をせずに賢く100円均一ショップを利用するためには、いくつか注意して買い物をすることが必要です。
まず、買う前にこれは108円未満で他で買える商品か否かを判断し買うことが必要です。
例えば調味料やガムテープなど、ホームセンターやドラッグストアーなどで安売りしていれば100円均一ショップで買うよりも安く買うことができるかもしれない。
100円だからといって、自分にとってお得かを見極めて買う必要があります。
また、ついこれがあったら便利かもしれないな、可愛いなと買おうとしていたもの以外にも買ってしまいがちですが、買うものを決めて、使う値段の制限を自分にかけて行くことが必要です。安かろう悪かろうの商品もあることを忘れずに買い物をすることで賢く100円均一ショップを利用することができると言えます。

まとめ

最近はデザイン性も優れたアイディア商品が100円だけでなく、300円均一で売っているお店も増えてきています。
安くて、便利で、可愛い商品は買い物心をくすぐられますが、100円均一の仕組みを知って本当に必要かどうか判断しながら賢く買い物を楽しみたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です