なぜ眉毛はあるの?

時代の流行りと共に形を変えていく眉毛。 エクステや眉毛タトゥーに眉毛専門サロンなどもあり、見た目の中でも高く意識されることが多いパーツと言えるでしょう。 では、そんな眉毛はそもそもどんな必要性があり生えているものなのでしょうか。 今回は、眉毛の存在について解説していきたいと思います。

眉毛の役割は?

サムネイル
最初に、眉毛の3つの基本役割をご紹介いたします。

 

【日よけ】

眉毛は6mm程前に出ているため、目に日影を作り、眉毛が日よけの役割を果たしています。

 

【汗よけ】

額から流れる汗に対して、眉毛があることで汗を外側に流しているのです。

 

【クッション】

目が何かに接触する際に、
眉毛が目より前に出ていることでクッションの役割を担い、怪我を防止する役目を果たしてくれるのです。

 

眉毛は人間特有のもの

サムネイル
眉毛は人間特有のものであると言われており、

まつ毛が多くの哺乳類に見られる中で、<眉毛と類似するものを他の動物は備えていないのです。

では、なぜ人間特有のものとして眉毛が生えているのでしょうか。

それは、「コミュニケーションを大事にする生き物」であるからなのです。

ScienceAlertと言う海外の化学系ニュースサイトにて、ヨーク大学のPennySpikins氏が
眉毛の歴史を研究する中で、

「ホモサピエンスが隆起した眉弓を失ったのは偶然かもしれないが、その結果威圧感を失い、より豊かな表情を作る能力を獲得したことが生存と進化に役立った可能性を示唆している。
この変化はヒトがグループ間でのやり取りを始めた頃に起きており、よそのグループと友好的な関係を築く上で重要な役割を担ったかもしれないという。」

と伝えています。

目・鼻・口だけは伝えきれない表情や感情を、

眉毛があることで表現出来ているのではないでしょうか。

より繊細なコミュニケーションを図ろうとする人間だからこそ,

眉毛が必要とされているのかもしれませんね。

眉毛はなぜ短い?

最後に、眉毛の素朴な疑問に関して解説をします。

 

「眉毛は髪の毛などと比べ一定の長さまでしか伸びないのはなぜ」

と思われる方がいるのではないでしょうか。

 

その理由は「寿命」と「成長速度」の違いです。

寿命は髪の毛が平均で男性5年・女性7年なのに対して、眉毛は男女共に約3ヶ月。

成長速度は髪の毛が1ヶ月で1cmなのに対して、眉毛は1ヶ月で2~3mm。

眉毛は短いスパンで生え変わっているため、あまり伸びていように感じるのです。

例外として、年配で眉毛の長い方を目にすることがあるかと思いますが、

その理由は、男性ホルモンの衰えることで眉毛の生え替わりに乱れが起きてしまうためです。

通常の生え替わるサイクルより長くなり、そのまま眉毛も成長を続けていくため長い眉毛となるのです。

 

眉毛を持った人間に生まれたからには、表現力の豊かな子供に育って欲しいものですね。

P.N 久喜 太郎

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です