今さら聞けない? これからの時代の自動車! HV、EV、PHV FCVってそれぞれどんなクルマなの?

日本が世界に誇る自動車産業。今はプリウスなどのハイブリッド車が主流ですが、最近は電気自動車の存在感もぐんぐん増してきています。ところでハイブリッド車や電気自動車などの環境に優しいクルマが話題に上がるとき、HVだとかPHVだとか、紛らわしい略称をいくつも聞くことがありませんか? 今回はそういったややこしい略称を簡潔にまとめて紹介しようと思います。

HV、EV、PHV FCVの違いは?

サムネイル

最近のニュースでHV、EV、PHV FCVのような、

アルファベットによるクルマの略称を聞く機会が増えてきたのではないかと思います。

それらをこれから1つずつ、簡単に説明してします。

・HV

サムネイル

HV(hybrid C)とは、ずばりハイブリッド車のことを指しています。

ハイブリッドとは、異なる2つの要素をあわせ持っていることを表す言葉です。

普通のガソリン車はエンジンしか搭載していませんが、ハイブリッド車は

エンジンに加えて電動のモーターも搭載しています。

ハイブリッド車は、エンジンとモーターの両方を使って走るため

このように呼ばれているのです。

一般的にハイブリッド車はガソリンでエンジンを動かして発電し、

その電力を使って動くモーターがエンジンの代わりをしたり

エンジンの補助をしたりする仕組みとなっています。

 

・EV

サムネイル

EV(electric electric)とは、電気自動車のことです。

ハイブリッド車もエンジンが発電した電気を使いますが、

それはあくまでエンジンの補助的な役割のものです。

一方の電気自動車は、完全に電気で動くモーターだけを使って走るクルマです。

その代わり必要な電力は基本的に外部から得る必要があるため、

プラグを挿すなどの手段で充電をする必要があります。

 

・PHV/PHEV

サムネイル

PHV(plug-in hybrid vehicle)はプラグインハイブリッド車のことです。

PHEV(plug-in hybrid electric vehicle)と呼ばれることもあります。

この種のクルマは、名前からわかる通りハイブリッド車がベースになっています。

ハイブリッド車のモーターは、基本的にエンジンが発電した電気だけを使って動きますが、

プラグインハイブリッド車は電気自動車と同じようにプラグを挿して充電することも

できるものです。

そのため、ハイブリッド車よりもモーターだけで走行できる距離が長いという利点を

持っています。

 

・FCV

サムネイル

FCV(fuel cell vehicle)は燃料電池自動車のことです。
燃料電池自動車は、

燃料電池で発電した電気でモーターを動かして走るタイプのクルマです。

燃料電池とは、水素と酸素を化学反応させて発電する電池のことです。

EVと同様に有害物質を排出しないという利点がありますが、

まだまだ開発の途上であるため価格も高く、

水素の供給に必要な水素ステーションの整備なども進んでいないなどの問題があります。

これからの時代のクルマは?

今後、環境への負担という点で、

今までのガソリン車はほとんどHVなどのに取って代わられるようになると考えられます。
それでは、

その後は今回紹介した4つのエコカーのうちどれが主流となっていくのでしょうか。

 

結論から言うと、この4種の中では電気自動車が主流になると見られています。

ハイブリッド車は現在のエコカーの主流ではありますが、

やはりガソリンの使用を前提としている以上有害物質の排出は避けられず、

環境問題への適応という観点から販売台数の伸びは緩やかになっていくと思われます。

また、プラグインハイブリッド車は

ハイブリッド車の電気自動車のいいところどりをしたようにも見えますが、

やはり電気自動車にくらべれば貯めておける電気の量は多くありません。

また、製造に使う部品の数が多く、

コストダウンが難しいため自動車メーカー側にとってもデメリットの小さくない

クルマであるといえます。

 

燃料電池自動車は先述したとおりまだ技術的、社会インフラ的に未熟な部分が多いという点からまだ現実的な選択肢として上がるほどにはなっていません。

これらの理由から、今後は他の種類にくらべて電気自動車の増加が顕著になると考えられます。

2021年には早くも電気自動車が販売台数でハイブリッド車を上回り、

2035年には電気自動車の販売台数がハイブリッド車の3倍にまで至るとの予測もあるほどです。

 

ただし現時点では、

まだ充電に必要な充電スタンドの数がガソリンスタンドと比べれば少ないという

課題もあります。

それでも充電スタンドは

コンビニエンスストアやサービスエリア・パーキングエリアなどへの設置が

着々と進んでおり、電気自動車の時代は確かに近づいてきていると言っていいでしょう。

(参照先)2021年にEVがHVの販売台数を上回る、電動車市場は4000万台に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です