歯磨き嫌いの子供に教えてあげよう!江戸時代の歯磨き方法とは?

子供を虫歯にさせないために、子供が歯磨きが好きになれるように教育するのがベストではありませんか?前編では、意外と知らない歯磨きの歴史についてお話していきます。

『みなさん、歯医者は好きですか?』

 

この調査で「歯医者が好き」と答えた人は、男女とも10%未満!

「死ぬほど嫌い」と答えた人のコメントを見ると、過去の歯医者でコワい思いや、治療が痛かったなどトラウマを抱えている人も多いようです。

 

子供の頃、顎が小さいので歯並び矯正のために一気に上下4本歯を抜かれた。乳歯とはいえ、パニックで阿鼻叫喚の図、トラウマになっている。

引用:http://chosa.nifty.com/life/chosa_report_A20130628/7/

 

泣く

幼少期のコワい記憶が消えず、そのまま歯医者嫌いになってしまう可能性があるんですね。

親としては、子供が歯医者に行かないで済むよう、歯みがきを教えてあげたいものです!

 

今回は前・後編にわたり、歯みがきの歴史と、子供でも歯みがきが好きになる歯みがきグッズなどをご紹介します。

 

歯みがきの歴史

 

歯ブラシの起源

遡ること今から約3000年前、文献上に残っている最古のものは、古代エジプトでの「チュースティック」と古代インドでお釈迦様が広めた「歯木」が歯ブラシの始まりといわれています。

 

歯木

引用:http://shibuya-dental.net/toothbrushhisitory/

 

 

日本では6世紀ぐらいから

日本に歯ブラシの前身である「歯木」が伝わったのは、6世紀ごろ、奈良時代に仏教とともに伝わりました。

日本では歯木のことを「楊枝」と呼んだと言われています。

 

平安時代から鎌倉時代には、すでに一部の民衆でも楊枝が使われていました。また、楊枝と共に爪楊枝は平安末期頃から使われ、歯と歯の間の詰まった食べかすを除去するのに使われました。

引用:http://shibuya-dental.net/toothbrushhisitory/

 

江戸時代には、一般庶民に広く普及し、楊枝は全盛期を迎えます。特に、「さるや」という楊枝屋の楊枝が有名で、300年経った今も日本橋で営業しています。

引用:http://www.grace-dc.com/pdf/201312.pdf

 

商品としての歯磨き粉が登場したのも江戸時代。精製した砂や塩が歯磨き粉の基本成分で、ハッカなどの香辛料をブレンドしたものもあったそうです。

引用:http://edo-g.com/blog/2016/08/cavity.html

 

江戸時代の歯磨きの様子

その名も「房楊枝」。歯磨きをする女性は浮世絵にしばしば描かれることも。

(『風俗三十二相』「めがさめさう」月岡芳年)

 

『風俗三十二相』「めがさめさう」月岡芳年

引用:http://edo-g.com/blog/2016/01/tooth.html

実際こんな方法で歯を磨いていたそうです!

刷毛の部分で歯を磨き、逆側の尖った部分で歯に詰まった部分を取り除き、柄の部分で舌をこすり、舌のざらつきを取ります。

房楊枝

引用:http://plaza.rakuten.co.jp/pogacsa/diary/201510190000/

 

300年前にこのような多機能の歯ブラシを使っていたとはオドロキですね!

 

さて、現在わたしたちが使用している「歯ブラシ」や「歯磨き粉」に近づいたのは、明治~大正時代のようです。

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でも、練り歯磨き粉についての話もあたらしいでしょう。

 

「歯ブラシ」という名称が初めて商品名として使われたのは大正時代。1914年(大正3年)に小林富次郎商店(創業時のライオン社)が発売した「萬歳歯刷子」です。その後、ナイロン製の毛の歯ブラシが登場し、以降、「歯ブラシ」が普及し、今に続きます。

引用:http://plaza.rakuten.co.jp/pogacsa/diary/201510190000/

萬歳歯刷子

引用:http://plaza.rakuten.co.jp/pogacsa/diary/201510190000/

 

明治23年には理学博士 長井長義の分析証明証付の「福原衛生歯磨石鹸」(煉歯磨)が福原商店(現資生堂)から売り出され、これは本邦最初の練歯磨で、海軍、特に軍艦用として採用された。

引用:http://www.sakamoto.or.jp/takafumi-dictionary001-015.htm

福原衛生歯磨石鹸

引用:http://keijidaz.blog.jp/archives/60111375.html

 

子供に歯磨きをおしえるために…

笑う子供

 

このように進化をとげてきた歯磨きの歴史。

歯磨きの歴史を小ネタとして交えながら、お子さんに歯磨きの仕方をおしえるのも楽しそうですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です