野菜のパワーで元気いっぱい?お子さんを健康にする野菜の効果とは

野菜をお子さんに好きになってもらう方法をご紹介!お子さんと一緒に野菜で健康になりませんか?

野菜

子供が野菜を食べない…!

そんなお母さんも多いかと思います。

 

今回は子供に野菜を食べさせることのメリットや、実際に食べさせるにはどうしたらいいのか、について考えていきたいと思います!

 

こちらも参考にどうぞ!

 

子供が野菜を食べない…

子供が野菜を食べてくれない!なんてことありませんか?

野菜嫌い

子供の味覚はピュアなので、苦いもの等の特徴ある食べ物が苦手だったりします。

私たちの舌には味蕾(みらい)という味を感じるセンサーがついています。味蕾は子ども時代に発達し、その数が多いほど味覚を強く感じることができますが、ある時期を過ぎると減少し、30代〜40代頃には子ども時代の約3分の1まで減ってしまいます。

引用:http://www.hoiku-shigoto.com/report/trouble-at-work/sense-of-taste/

 

つまり大人よりも味覚が鋭くて良いため、敏感に味を感じてしまい、特徴的な野菜を苦手になってしまうんですね!

 

野菜を食べると体にいいことが?

野菜

そこまで敏感な味覚を持つ子供に、野菜を食べさせるのは至難のワザですね…。

でもその前に、野菜を食べると本当にいいことがあるんでしょうか?

①風邪予防

かぼちゃ

野菜の中には、ネギや、かぼちゃなど、風邪予防をしてくれる栄養素を含んだものも多いです!

例えばかぼちゃには、ビタミンCが含まれており、風邪予防にうってつけです!

 

②便秘解消

便秘解消

お子さんが便秘気味になった時、食物繊維を摂るのがベストです!

野菜にはこの食物繊維が含まれており、快便をサポートします。

 

③疲労回復

とまと

お子さんが疲れて帰ってきた時こそ、野菜の力に頼りましょう。

トマトなどにはリコピンと呼ばれる栄養素が含まれており、疲労回復をサポートしてくれます!

 

さてそんな野菜ですが、子供に食べてもらうにはどうしたら良いでしょうか?

 

子供に野菜を食べてもらうには?

子供に野菜を食べてもらうにはどうしたらいいでしょうか?

二つ方法があります。

①野菜を美味しいものだと思ってもらう!

野菜を美味しいものだと思ってもらうには、本当に美味しい野菜を食べてもらうのが一つの手です!

 

本場のできたての野菜を食べてもらい、「野菜って美味しいんだ!」と思ってもらえれば勝ちですね!

ちなみに野菜本来の味を楽しむには、バーニャカウダー等素材を活かしたレシピが相性よさそうです。

 

②野菜だということを隠す!

野菜ケーキ

いっそのこと野菜であるということを隠してしまうのも一つの手です!

野菜を加工して、美味しい料理に変身させましょう。

 

こちらの野菜のケーキはおすすめで、特に人参を使ったパンケーキなどは簡単にできますので、試してみてくださいね!

 

いかがでしたでしょうか?

 

野菜を楽しくおいしく食べて、お子さんと健康になってくださいね。

 

それでは!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です