深海に住む変な魚たち?海の95%を占める深海とは【魚の種類編】

深海と深海の住人達を明らかにしていきます。第2回は、生活する魚達に迫りました♪

海

「海ってどんなところなの?」

「お母さん、深海ってなに?」

 

そんな風に聞かれたことはありますか?

今回は海の95%を占める深海の生物について、ご紹介していきたいと思います。

 

「深海」ってなんのことでしょうか?

 

国際海洋環境情報センターによれば、

水深200mより深いところのことで、海の95%程度を占めています。海の平均の深さは3,730mで、地球上での最深部は、西部太平洋マリアナ海溝の水深約10,920mとされています。

引用:http://www.godac.jp/education/deepsea.html

とのこと!

 

深海では光は届かず、非常に高い水圧、そして非常に低い水温となってしまいます。

 

「暗く」「苦しく」「寒い」

 

そんな厳しい環境が、地球の海全体の95%を占めているなんて、なんだか怖い感じがしてしまいますね!

 

深海に住む魚たち

そんな過酷な環境にも関わらず、そこには魚たちが暮らしています。

深海魚

引用:http://ailovei.com/?p=3903

 

そこに住む魚達のことを「深海魚(しんかいぎょ)」と呼ぶそうです。

深海魚たちは、深海の厳しい環境に適応するため、姿形を変え、様々な能力に特化しています。

 

 

 

いくつか例をご紹介しましょう!

⑴サルパ

深海魚

引用:http://ailovei.com/?p=3903

サルパは炭素循環の役割を担っている、環境に優しい生物です。

具体的には身体中に炭素を濃縮したペレットを生成し、排出することで海のそこに炭素ペレットを堆積させることをします。

 

⑵ミツクリサメ

深海魚

引用:http://ailovei.com/?p=3903

この恐ろしい形相の魚は、サメの仲間のミツクリサメです。

水深1,300Mに生息し、世界各地の環境に適応しています。日本では、東京湾相模湾、駿河湾で発見されているので、深海魚の中では意外と身近な魚なのかもしれません。

 

⑶ブロブフィッシュ

深海魚

引用:http://ailovei.com/?p=3903

この魚、醜いと思いますか、それとも可愛いと思いますか?(笑)

実はこの魚は、世界で最も醜い動物NO.1に選ばれた魚なんです!

噂では、海を泳いでいるときは、思ったよりイケメンだとか….

 

深海の謎に迫る!

さてこんな深海ですが、一体真っ暗闇ではどのような魚たちの生活が営まれているのでしょうか?

次回記事以降で詳しくその謎に迫っていきたいと思います!

 

次回記事はこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です