台風はなぜ「台」の「風」なの?

台風10号が近づいてきていますね。西日本に上陸の恐れとのこと、嫌ですね。 毎年のことながら交通機関への影響や被害等を考えると心配になります。 さて、台風ですが、なぜ「台」の「風」なのでしょうか?? これ実は、英語で台風を表す「タイフーン(typhoon)」の当て字なのだそうです。


サムネイル

「台風」のご先祖「颱風」(たいふう)

昔、台湾や中国で激しい風のことを「大風」(タイフーン)」と呼んでいました。
それがヨーロッパで”音”を自国の文字に当てて「typhoon」となり、
そののち、「typhoon」 が逆輸入され 「颱風」となりました。
これには、「語源由来辞典」によりますと諸説あります。
・アラビア語でぐるぐる回るの意味「tufan」が「typhoon」となり「颱風」となった説。
・ギリシャ神話の風の神「typhon」が「typhoon」となり「颱風」となった説。
東洋人としては、「大風」(タイフーン)」からの「typhoon」に1票!
サムネイル

「颱風」が「台風」に。そして源氏物語

「颱風」が「台風」になったのは、「颱」の字は難しく書きにくいため、1946年に常用漢字の「台」の字が使われるようになったそうです。
もともとこの「颱風」、明治時代末に当時の中央気象台長「岡田武松」が使い始めたことによります。それまで気象用語としては風速32.7m以上の強風を「颶風」(ぐふう)という名称で呼ばれていました。もっと古く平安時代においては、「野分き」だったそうで、これは源氏物語 二十八帖の巻名にもなっています。

今は風速17.2m以上が「台風」

サムネイル
現在の日本で「台風」と呼ばれる熱帯低気圧は最大瞬間風速17.2m以上です。
なぜ、17.2m以上というかなり中途半端な数字なのでしょうか?
これは太平洋戦争後から昭和28年までアメリカの占領下にあってアメリカの気象基準に従ったためです。
太平洋戦争中、アメリカは「熱帯性低気圧」をその強さに応じて3つに分類していました。これにあわせて日本でも風力12以上、風力7~11、風力6以下の3段階であらわすようになり、風力12以上を「台風」とし、風力7~11を「熱帯性低気圧」、風力6以下を「低い熱帯性低気圧」としました。
昭和28年以降日本がアメリカから独立した後、中央気象台が独自に予報を出せるようになってから風力7以上をまとめて「台風」とし、6以下のものを「熱帯低気圧」(“性”と“弱い”がなくなる)としました。※ちなみに国際基準で「台風」は風速33m以上のことを指しますのでご注意を。
少し話が脱線しましたが上記の風力7以上は風力34ノット以上のことなのですが、ノットは日本には馴染みのない単位でしたのでメートルになおした結果、17.2mになったというわけです。

まとめ

台風という言葉、「タイフーン」と似ているなーとは思っていましたが。
台風、大きな被害にならないことを切に願います。
(P.N いそきち)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です