実際にやってみた良かった、こどもの脳トレになるアプリ

スマートフォンやタブレットにはたくさんのアプリがありますよね。 大人が仕事で使うものから、家事の助けになるもの、片手間にゲームを楽しむものまでアプリの種類は多種多様。 一般的にスマホのアプリというと、どうしてもゲーム目的でスマホ漬けになるというイメージを持たれている保護者の方も多いのではないでしょうか。 しかし、スマホやタブレットのアプリにはお子様の好奇心を刺激し、たくさんの知識を吸収し、いろいろな考え方を学ぶなど、楽しみながら学習の助けになるものがたくさんあるのです。

ジャンルは多岐に

サムネイル

 

知育アプリといってもジャンルは多岐にわたります。ここではどのような知育アプリが人気なのか、ゲーム性の高いもの、低学年や未就園児から思考力を育てるもの、小学校高学年向けの少し本格的なものをご紹介します。お子様の興味の方向やタブレットやスマホへの慣れを考慮してその子に合ったアプリを探してみてください。

 

王道 マインクラフト

まずはゲーム性の高い知育アプリを紹介します。
やはり、まずはこれでしょう。

 

マインクラフト

 

オープンワールド型のゲームでプログラミングを学べるアプリです。

サムネイル

約10年ほど前に発売された当初、プレイヤーは自分の力で冒険に出たり村を作ったり、モンスターと戦ったりと自由に生活ができると人気になりました。パソコンのみのゲームだったのが、今はスマホやタブレットで遊べるゲームになっています。
マインクラフトの素晴らしいところは、洞窟で冒険してモンスターと戦ったり貴重な鉱石を見つけたりするサバイバル生活をしてもいいし、自分で好きなレイアウトで家や村を作ってもいいし、遠くにある村まで街を発展させて経済活動を行ってもいい、という本当に自由な点です。
この自由なゲームがどのように知育に関係あるのかというと、マインクラフトにある「レッドストーン」という鉱石とスイッチやレバーなどのクラフト素材を組み合わせると自分で動かせる装置を作ることができるという点です。
自分でスイッチやレバーの位置を工夫して、穀物の自動採取装置を作ったり、音符ブロックを使ってオルゴールのような装置を作ることもできます。こういったクラフトがプログラミングの導入部に使えるとして、プログラミング教室ではマインクラフトが教材になっているところもあります。
もともとは自由度の高いゲームだったマインクラフトが幾度ものアップデートを繰り返して知育にもぴったりのプログラミングゲームにまで進化したのです。

未就園児から低学年向け 「Think!Think! シンクシンク」

サムネイル

累計100万ユーザーを突破し、世界各国で楽しまれている知育アプリです。主にパズルや迷路、図形などを使って問題を解いていき、思考力を育てます。

サムネイル
サムネイル

このアプリのポイントは、算数オリンピックや世界算数の問題を手がけるチームが全コンテンツを制作しているところ、そして一日最大10分のプレイ時間の制限を設けているところです。長時間スマホやタブレットを見続けるのが心配な保護者の方にもおススメです。
無料のコースと有料コース2種類の計3種類のコースから選ぶことができます。

高学年でプログラミングに触らせたい!「codebelle」

サムネイル

未就学児や低学年向けでは少し物足りない、高学年のお子様にはプログラミングや英語のアプリはいかがでしょうか。2020年度から小学校でもプログラミングが必修になります。どのようなことをするのか、

どの程度までプログラミングできるようになるのか、今のところ学校の先生たちも全て把握できているわけではありません。2020年度からのプログラミング学習に備えてあちこちでプログラミング教室が開講されています。

家庭でできるプログラミング学習に実は知育アプリも少しお手伝いができるのです。

先述したマインクラフトでは、プログラミング学習はできますがゲームを通した入門に近いものです。感覚的に自分で何かを動かしたり作ったりするのを掴んでいくものになります。
高学年になるともう少し専門的な分野に一歩進んでみるのもお子様の可能性を開く鍵になるかもしれません。

ラインのような会話式の問題を解いていくうちにプログラミングの基礎に必要なコードを学ぶことができます。

サムネイル

サムネイル

シンプルな画面でわかりやすく、お子様と一緒に保護者の方も学ぶことができます。

英語の発音なら「発音AtoZ」

また英語のアプリも発音や単語に拘ったアプリを用意してみてはいかがでしょうか。

小学校で習う簡単なフレーズや単語を発音と共に覚えることができる「発音AtoZ」というアプリがおすすめです。

このアプリでは自分の発音を録音して聴くことができます。

サムネイル
無料の部分だけでも充実度はかなりのもの。隙間時間に楽しんで英語を学ぶことができます。

まとめ

巷にあふれる知育アプリ、おすすめしたいものはもっとたくさんあるのですが、今回は厳選して楽しみながら英語やプログラミングに触れるものを紹介しました。
プログラミング、英語などが必修となるこれからの時代についていくためには家での隙間時間で教科に親しむことが大切になってきます。
短い時間で楽しみながら学習できる知育アプリは忙しい現代にぴったりの学習アイテムです。ゲーム感覚で、大人も一緒にできるものを探すのも素敵ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です