夢は世界進出?自分の子供をスポーツ選手に育てるために心がけること3つ

世界で活躍するスポーツ選手は、ご両親の憧れでもありますよね。お子さんをスポーツ選手にするために必要な条件をあげてみました。

我が子の可能性を信じたいのは、親であれば当然だと思います。

実はプロのスポーツ選手になる子供たちには、ある共通点があったということをご存知ですか?

 

それでは、プロになり海外進出した選手たちの共通点を考えてみましょう。

 

①0〜3歳で「基礎体力」スポーツをしている

基礎体力とはあらゆる運動を行う時に必要とされる体力で、筋持久力や心肺能力などのことを指します。

 

0〜3歳で基礎体力をつけるとその後どのようなスポーツを行っても、能力が突出しやすいです。

 

ここでしておきたいスポーツは水泳、陸上、サッカーですね。

これをやっておけば間違いはないでしょう。

 

②12歳までの間に3つ以上のスポーツを経験している

次に12歳までの間に、複数スポーツを行っていることで、将来スポーツ選手として花が開く可能性がぐんと高まります。

 

例えば、テニス選手で元世界ランキング1位のラファエル・ナダル選手は、12歳位までテニスとサッカーを並行して習っていました。

 

叔父がスペインのプロサッカー選手であったこともあり、最後までどちらの道を選ぶか迷ったようですが、最終的にテニスを選んだようです。

 

彼がサッカーのフットワークがテニスに活きていると言っているように、複数のスポーツの中には、共通する動きのようなものがあり、それらの要素をグルーピングすることで、動きの「型」を自分に根付かせることができるようです!

 

③15歳までにスポーツを1つに絞っている

先ほどお話したナダル選手の例もそうですが、複数習っていたスポーツを最終的に1つに絞ることが重要です。

 

15歳という年齢は多少前後することもありますが、遅くとも18歳くらいまでに絞っていく必要はありそうです。

 

子供の自主性を尊重しつつ、様々なスポーツを経験させてあげることが重要ですね。

将来、お子さんをプロのスポーツ選手にしたいと思っている親御さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です