タイムマシンで時間を移動するには?小学生でもわかる相対性理論【第一部】

タイムマシンって本当に作れるのかな?そんな子供の素朴な疑問について、時間を超える方法を調査してみました♪


「タイムマシン」

 

誰もが一度は憧れたことがある夢のマシン!

あなたに質問なのですが、タイムマシンって作れると思いますか?

 

タイムマシンってなんだ!

そんな人のために、簡単にご説明しましょう。

タイムマシンとは、辞典によると以下のように記述があります。

《英国の作家ウェルズの小説から》過去や未来へ時間を超えて自由に航行できるという空想上の機械。

引用:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/134580/meaning/m0u/

 

タイムマシンに乗れば、 ゆがんだ時空間を超えて、過去にも未来にも行けて、好きな瞬間に降りることができます。

例えば、恐竜がいた過去の時代にも行けるし、未来のロボット?社会にもいけるわけです。

 

22世紀の未来デパートでは、120万円でタイムマシンを買えてしまうなんて驚きですね。

 

そもそも未来や過去に「行く」ってどういうこと?

未来や過去に行くということは、時間という私たちが当たり前にしている概念を、飛び越えなければ行けません。

引用:https://www.pakutaso.com

 

つまり時間より早く「移動」して先(未来)に行くか、

時間より遅く「移動」して前(過去)に行く

ことで、時空間を移動することができるのです!

 

タイムマシンの製作に必要な「相対性理論」

ではそのように時間より早く、または遅く移動するためにはどうしたらいいんでしょうか?

 

答えは彼が導き出してくれました。

引用:http://www.profil.at/wissenschaft/zitate-von-albert-einstein-richtig-6107724

 

そう、かの有名なアルベルト・アインシュタインです!

 

彼の導き出した「相対性理論」により、タイムマシンの可能性を議論することが可能になりました。

次回は、この相対性理論をかんた〜んに説明して、タイムマシンの魅力に迫っていきたいと考えています!

↓ 次回記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です