【クリスマス】クリスマスは海外の宗教儀式?食べ物にも意味があった!

すっかり日本でも、キリスト教徒以外にもおなじみとなったクリスマス。 欧米では、日本のお正月同様、飾り付けや友人知人へのカード発送、プレゼントづくりなど・・・ その準備も含めて、関わるすべての人をクリスマスまでの期間、 幸せに楽しく過ごしてもらおうという長い取り組みでもあります。 当然、クリスマスならではのケーキにも意味がありました。

クリスマスケーキ

すっかり日本でも、キリスト教徒以外にもおなじみとなったクリスマス。

 

欧米では、日本のお正月同様飾り付けや友人知人へのカード発送、プレゼントづくりなど・・・

その準備も含めて、関わるすべての人をクリスマスまでの期間、

幸せに楽しく過ごしてもらおうという長い取り組みでもあります。

 

当然、クリスマスならではのケーキにも意味がありました。

 

異文化を知る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クリスマスってなあに [ ディック・ブルーナ ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/9/4時点)

異文化を知るため、お子さんにもぜひ教えたいものばかりです。

日本のクリスマスの定番何と言っても苺のショートケーキチョココーティングなどの生タイプ。

 

たとえばこれも、アメリカではパイ、フランスではブッシュ・ド・ノエルといった、

すこし生系のデザートのところから・・・

イギリスでは「イギリスを代表する特徴的な美食」とも言われるクリスマスプディング

 

ぶちゃぶちゃした甘めのお菓子のようなものです。

ちなみにクリスマス以外にも地域によっては肉汁などを大量につかった似た食感のプディング風食べ物などもあります。

 

特別なクリスマスプディング

 

クリスマスプディングはまた特別で、写真のようなクリスマスプディング型で焼き上げます。

それを飾り付けるための皿は、一年に一度の晴れの食器として高級メーカーを始めとして多数販売された後、

現在では、飾り皿のイヤープレートに変身して、コレクターズアイテムとなり世界各国で知られているほど。

 

幸せを噛みしめるクリスマス

また、ドイツではシュトーレン、イタリアではパネトーネといったすこし日持ちがして、

クリスマスを待ちわびる期間に、すこしずつ食べ進めるタイプのパンなどにわかれています。

 

 

これらはクリスマスまでの間、長期間すこしずつ幸せを噛みしめるためのもので、

クリスマスプディングも同じ理由があると言われています。

 

世界各国のクリスマス

本場のドイツでは、国家認定のマイスターが食品法の定めによって作った以外は販売できない厳格さ。

いずれも、日持ちしながらあまりの美味しさのため、日本では年間を通じて販売されているパン屋さんも多いようです。

 

ちなみに生タイプのビッシュ・ド・ノエルは19世紀に作られはじめ、

ロールケーキをチョコやココアクリームで覆った上に波模様を付け生菓子。

 

プロテスタントの影響が強く偶像崇拝を嫌うことも、関係する違いとも言われています。

サンタさんとクリスマスケーキ

 

日本のクリスマス

 

日本のクリスマス、1904年に銀座明治屋が、

広告のためにツリーを店頭に置いたのがきっかけで、本格的に全国に展開。

 

明治維新のため禁教令がなくなった以降の1910年には

プラムケーキに砂糖のフォンダンクリームを塗ったものが売り出されたのが、

最初のクリスマスケーキ

 

1922年不二家が苺ショートを発売してから一気に全国に定着しました。

日本全国の憧れ、銀座への憧れも苺ショートには含まれていたのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です