ママ教えて!プログラミングの苦手意識をなくすには一緒に楽しむのが一番

いよいよ2020年から小学校で必修となるプログラミング。これからのAI時代に慣れ親しむべくスタートする科目ですが、実際にやってきたことがないお母さん世代は何を教えていいのか不安があるのではないでしょうか?プログラミングという言葉を聞いただけで、苦手意識がでる方もいるかもしれません。何かを教えるというよりも、お子さんと一緒に楽しむという意識でプログラミングを家庭に取り入れていくとスムーズに学習ができるようになりますよ。


サムネイル

そもそもプログラミングって?

SEの仕事をしている方ならともかく、あまりパソコンに関わっていない方からするとプログラミングって何をするの?って思いますよね。なんとなくパソコンのシステムを作るものなのかなー、くらいのイメージではないでしょうか。

プログラミングとは、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。(引用:wikipedia)

例えば、このボタンを押したら右に進んでください、動くときは何秒で動いてくださいね、と指示を出すとその通りに画面の中で動いてくれるわけです。実際にSEさんがプログラムを構築していく時は、指定された文字列の組み合わせで指示を出していくのですが、この文字列の複雑さがプログラミングの苦手意識を生み出しているように感じます。

では、小学生のプログラミングも文字列などを使っていくのか、と言いますとそういうわけではないのでご安心ください。アイコンなどを組み合わせることで直感的に動きを指示することができるので、楽しみながらプログラムの構築を勉強することができます。

プログラミンで直感を磨こう

サムネイル
プログラミングの入門編としてオススメなのが、文部科学省が開発した「プログラミン」というソフト。

プログラミングに苦手意識を持つお母さんは、是非こちらのソフトを試してみてください!プログラミングへの不安は吹き飛ぶのではないでしょうか。動画で使い方の説明もついているのでとてもわかりやすいです。

プログラミンは文字列ではなく、アイコンを使って動きの指示を出すので、次にどんな動きをさせたいかイメージをしながらプログラムを作ることができます。

右に100進めという指示だけの場合と、ジャンプを組み合わせた時はどう変わるか。ずっと繰り返すにはどんな指示を出せばいいのか。
頭でイメージしたものと、実際の動きが異なった場合にどこに問題があるのか。直感力を鍛えるためには、もってこいの教材と言えます。

無理に教えなくても楽しみましょう

サムネイル
お子さんにプログラミングを教えられるか不安、というお母さんもいると思いますが、教えるよりも一緒に楽しむという方がお子さんも安心して取り組むことができると思います。

むしろお子さんの方が学習は早いかもしれませんので、楽しんでもらえるようにそっと見守ってあげるようにしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です