世界に誇れる日本の技術!集まれ日本のいろいろな職人さん

一つの道を人生かけて極めていく「職人」の世界をご紹介します!お子さんの職業としてだけでなく、創造性を育む経験として職人の世界に触れてみませんか?

職人

普段あまり表には出ないけど、実はすごい技術を持った職人さん

寿司職人や、木工職人、また◯◯焼きの職人など、日本には様々な職人さんがいます。

 

今回はこの職人さんの凄さをご紹介していきます!

 

職人さんてなに?

工具

職人とはどんな人を指すのでしょうか?

自分の技能によって物を作ることを職業とする人。大工・左官・表具師など。

引用:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/111057/meaning/m0u/

 

職人さんは「物を作り」、それを「職業としている」人のことをいうんですね。

 

ここがすごい!日本の職人さん

日本の職人さんは実は、世界に誇れる技術を持っているんです。

下は建具職人(家のドアや襖などを作る人)さんの仕事の様子が映っています。

圧巻の職人技です。

(特に6:00あたりを見てもらえると、より凄さがわかります!)

 

以上の様に職人さんの仕事には、一目で「すごい!」と言わせる魅力が詰まっています。

この魅力とはどこにあるのでしょうか?

 

いろいろな職人さん

 

①寿司職人

寿司

寿司と言えば私たち日本人には、おなじみの食べ物ですよね!

回転寿司では寿司を握るのが機械の場合が多いですが、回らない寿司屋では職人技が光ります!

最近では、寿司職人の養成学校もできているみたいです。

 

余談ですが、この学校では寿司屋も経営していて、格安で食べ放題の寿司が食べられるのでおすすめ!

(90分で3218円[税込]という破格の安さ!)

 

②木工職人

木工細工

木工職人さんは、木を使って木工細工を作ったり、木から家具を作ったりする職人さんを指します。

木工職人の仕事は、カンナやトンカチなど、様々な道具を使って仕上げるのが特徴です。

 

木を使って仕事をするので、独特の木の匂いに包まれた作業場が特徴のようです!

 

③焼きもの職人 (陶芸家)

焼きもの

ザ職人、のイメージがある陶芸家ですが、ろくろを回すあのポーズを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

ろくろ

陶芸家の作品はこちらのサイトで、簡単に見ることができるので、オススメです!

 

焼きものを焼く窯を買ったり、製作のための準備に多額の初期費用が必要なのも、陶芸家の特徴です。

なるには、とても大変な職業ですね!

 

お子さんと職人の技術を体験?

かんな

引用:http://shigoto100.com/2014/08/kanna.html

 

いかがでしたでしょうか?

 

職人の仕事は、修行に長い期間を要するので、なかなか時代に対応していくのが難しい領域でもあります。

しかし一つのことを人生をかけて極めていく職人の仕事をイメージすることは、お子さんの経験としてプラスに働きそうです。

 

ぜひ一度焼きもの体験などで、職人のものづくりに触れてみてはいかがでしょう。

 

それでは!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です