【臨海学校】子供の肌に本当に安心して使える、優秀な日焼け止めはこの5つ!

様々な素材のものも多い日焼け止め。 表示の数値の大きいものを購入しますが、数字には意味があり、 SPFは肌が赤くなる日焼の、原因である、紫外線B波UVBを防ぐ物で日本では50+が最大です。 PAは肌が黒くなる日焼の、原因である、A波UVAを防ぐもので4段階、最大がPA++++。 賢く使い分けたいものです。

日焼け止めを塗る女性

様々な素材のものも多い日焼け止め

 

表示の数値の大きいものを購入しますが、数字には意味があり、

SPF肌が赤くなる日焼の、原因である、紫外線B波UVBを防ぐ物で日本では50+が最大です。

PA肌が黒くなる日焼の、原因である、A波UVAを防ぐもので4段階、最大がPA++++

 

賢く使い分けたいものです。

 

【ヌルヒガサ】

こちらは、SPF50+で、肌の刺激になるとも言われる紫外線吸収剤が、フリーのノンケミカル製法

 

小さな子供のきめの細かい、肌表面が加熱されているときにも、しっかり保湿してくれるほどの豊富なモイスチャー成分

日傘をさせないビーチで、砂からの、照り返しを防ぐため全身に塗ることのできる「塗る日傘」そのものです。

 

【オーガニックマドンナピュアガードサンミルク】

こちらは、1977年創業の日本のマタニティ&ベビー専門メーカー

全成分のうちエッセンシャルオイルなど含めオーガニック成分比を62%まで高め、

誰でも安心して使えるSPF30UVクリーム

虫よけ効果のある、シトロネラを配合し1本で2役の便利品です。

臨海学校では、屋内の行き来も多く、日焼け止めの付け直しを忘れがち。

サーフィンなどの、アウトドア向けに開発されたタイプなら落ちにくく安心です。

 

こちらはインドネシアの、オーガニック製品でSPF50。

口に入れても問題ない全天然成分。水や汗に強く一度つけたら3-4時間も長持ちする頼もしい製品です。

 

【アロベビー オーガニックUVクリーム】

100%天然由来成分にこだわったは、SPF15

 

合成紫外線吸収剤フリー。

アルコールやシリコン、合成ポリマーなども不使用となるので

ハードな浜辺での

細かなチリ、ホコリの多い環境でも、しみや、そばかす、肌の刺激となる心配がなく、安心して使える製品です。

 

【パックスナチュロン UVクリーム】

どんなオーガニック製品でも、肌に刺激を感じてしまう敏感肌でも、非常に安心して使えるやさしさなのが。

 

合成の紫外線吸収剤合成界面活性剤を使用せず、石鹸で乳化させて肌にソフトに仕上げています。

SPF15ですが、赤ちゃんの顔にもボディにも安心して使えます。

日焼け止めによる刺激では、化学成分の有無だけでなく、

含まれる天然成分も肌の刺激になっていないか見極めることが大切。

日差しを受ける人

強い日差しと潮のある海辺でだけ、特に肌を刺激する場合もあります。

日焼け止め選びはとくに慎重に行いたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です