真夏到来!意外と怖い子どもの日焼け。気になる対策とは?

真夏到来! 意外と怖い子どもの日焼け対策と日焼け後のケアをご紹介! 6月中旬から、小学校ではプールが開始されました。 女の子にとって、日焼けは痛いし、肌の色が変わって嬉しくない子もいるようです。 日焼け対策と日焼けケアを子どもにしっかり覚えてもらい、日焼けトラブルから我が子を守りましょう!

 

真夏到来!

意外と怖い子どもの日焼け対策と日焼け後のケアをご紹介!

 

6月中旬から、小学校ではプールが開始されました。

女の子にとって、日焼けは痛いし、肌の色が変わって嬉しくない子もいるようです。

日焼け対策と日焼けケアを子どもにしっかり覚えてもらい、日焼けトラブルから我が子を守りましょう!

 

汗に強く、紫外線から肌を守ってくれるそんな日焼け止めです。

この夏のお供になると思います。

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ PA++++ 50g

 

学校でも支給されるほど、日焼けは怖い!?

 

プール

 

プールに入る時に、水が汚れるからと日焼け止めを禁止にする小学校もあれば

5月下旬に、日焼け止めのサンプルを支給する学校もあります。

 

学校によって日焼け対策についての考えは別々で

親御さんの中にも対策について疑問を持つ方もいると思います。

確かに、適度な紫外線は、

ビタミンDを体内で作ることが出来るので、大切なものです。

しかし、過度な紫外線は、

皮膚ガンのリスクシミそばかすの原因になります。

 

肌が黒くなるだけではなく、

子どもの将来のリスクも上がってしまうと考えると、とても怖いですよね。

日焼けは、健康の印ですが、過度な日焼けで、

将来皮膚に負担が現れないように、対策をして我が子を守ってあげましょう。

 子供にも覚えていてほしい、日焼けの対策方法とは?

日焼け止めを塗る女性

日焼けをすると、健康的になりますが、

将来可愛い娘の肌に、シミ、そばかすが出来てしまう可能性がある…と考えると、とても怖いですよね。

学校に行くときに、「小まめに塗り替えなさい」ともっていくの事は、

学校の規則上出来ないところもありますよね。

 

そういう場合は、学校に行く前に

日焼け止めを塗るように子供に教えてあげて、習慣づけをしましょう。

日焼け止めの効果は、2〜3時間と言われています。

ただし、汗やプールなどで落ちてしまうこともあるので、完璧に防げると思わないで、

防げるかもしれない」という軽い気持ちで塗りましょう。

日焼け止めを選ぶときは、子ども用で使いやすいものを!

子供の肌は、大人の肌とは違うために、

刺激の低い日焼け止めを選びたいですよね。

刺激の低い、日焼け止めでお勧めするのは、

ビオレUVの「のびのびキッズミルク」です。

この日焼け止めの凄いところは、お子さんのいるパパママが作ったというところです。
実際に、子供がいる人が作っているため、子どものための日焼け止めで、

ママの心配もカバーしてくれる作りになっています。

水や汗にも強いので、汗っかきな子どもプールがある日でも安心して使うことが出来ます。

また、石鹸で落とすことが出来るので、

肌への負担も少なく、お風呂も普段通りで大丈夫なところが、子ども思いなポイントです。

アウトドアやスポーツの時におすすめ

真夏の鋭い日差しから、あなたを守ってくれる商品をご紹介致します。

資生堂 アネッサパーフェクトUV アクアブースター 60mL

 

学校から帰宅したら真っ黒に!

子供の日焼けした後のケアについて。

子供の肌は、大人よりも薄いために、紫外線の影響がすぐに出てきます。

授業で1時間泳いだだけなのに、帰宅後見たら、驚くほど真っ黒になっていた!

 

と言うお母さんもいると思います。
日焼けをした時は、早めに対処してあげましょう。

日焼けしてすぐの場合は、最低でも10分は冷やしてあげましょう。

冷やした後、お風呂に入る時は、体がほてっているはずなので熱い湯ではなく、

ぬるいシャワーで対処してあげてください。

日焼けによる熱を逃がすこと、肌のダメージを水圧でひどくしないことを心がけましょう。

水分補給や、子どもも使える美容液などで肌を整え、刺激の少ないパジャマに着替えさせましょう。
小学校になると好奇心から、日焼け後の皮をむこうとする子もいますが、シミになるリスクが上がるので

「お肌がおばあちゃんになるぞ」と言って阻止しましょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です