夏風邪の予防のために、夏の暑さは夏野菜でしのごう!

夏になり連日の真夏日。 すぐに、クーラーに頼ってしまいたくなります。 しかし、クーラーの風に当たりすぎると、お子さんが冷房症になってしまったり、 外との気温差に体調を崩してしまいがちになります。 夏は夏の野菜を食べることで、涼しくなりましょう。

夏になり連日の真夏日。

すぐに、クーラーに頼ってしまいたくなります。

 

しかし、クーラーの風に当たりすぎると、お子さんが冷房症になってしまったり、

外との気温差に体調を崩してしまいがちになります。

夏は夏の野菜を食べることで、涼しくなりましょう。

 

夏の野菜にはどんな効果があるの?

野菜を含めて食べ物は旬の時期が一番美味しく、栄養価も高くなっています。

また、夏に取れる野菜には夏に必要な栄養がたくさん含まれているので、

 

積極的に食べると暑い夏を

夏野菜パワーで乗り切れるかもしれません。

 

夏野菜の主な効果は、体を冷やす効果があります。

また、夏に取れる野菜はトマトキュウリを始め、

みずみずしい野菜が多いので、食べることで水分も摂取できます。

 

水を飲みたがらないお子さんには、野菜からも

水分を取らせると脱水の予防になります。

 

また、色合いも赤や緑などのカラフルな野菜が多いので、料理の見た目が華やかになります。

普段、野菜を食べたがらないお子さんも楽しくなって食べてくれるかもしれません。

 

夏野菜にはどんな種類がある?

野菜
夏野菜は定番のトマトキュウリなどもありますが、沖縄の名産であるゴーヤも夏野菜の一つです。

 

また、一年中食べられがちなピーマンも夏が旬の野菜です。

他にも秋にもよく食べられているナスやトウモロコシも夏野菜です。

 

最初に夏野菜を使った料理本のご紹介です。

夏に負けない体づくりの為に、バランスの良い食事をお子様に食べていただきたいですね。

夏野菜があれば!おいしい旬レシピ (主婦の友社)

 

夏野菜独自の効果

抗菌作用

これらの野菜は、それぞれに独自の効果があります。

 

例えばトマトは、抗酸化作用を持ったビタミンがたくさん含まれています。

 

夏の強い日差しには、紫外線もたくさん含まれています。

紫外線は肌のシミや日焼けの原因になるだけでなく、皮膚ガンの原因にもなります。

 

トマトのような抗酸化作用の多い食べ物は、紫外線からのダメージを和らげてくれます。

 

みんな大好きなカレーで夏野菜が食べれてしまう!

そんなレトルトカレーです。夏バテ防止におひとついかがでしょうか。

カレー曜日 ごろごろ夏野菜のビーフカレー 辛口 (エスビー食品)

 

夏野菜を効果的に使おう

ばんざいをする女の子

 

夏野菜をたくさん食べたとしても、

最近の夏は、夏野菜だけで乗り切るのは難しいかもしれません。

 

夏野菜は、カリウムなどの汗から出て行ってしまう成分もたくさん含まれていますので、

夏野菜を食べることで多少の暑さは我慢できるようになります。

 

しかし、冷房の使用を夏野菜で、完全になくすことはできません

我慢できないほど暑い日には冷房を使うことで、暑さをしのぐ事も時には大切です。

 

夏野菜の効果で冷房の設定温度を少し上げて外との気温差を減らし、夏風邪や夏バテを予防しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です