日本の夏!花火 大会!あなたを感動させる型物花火の4つの秘密

梅雨が終わるとやってくるのが暑い夏。この暑い夏の風物詩と言えば、花火が真っ先に思い浮かびますね。 花火大会に行くと、思わず口をぽかんと開けて見入ってしまいますが、最近の花火は見る人を楽しませてくれるような形に凝ったものが増えています。

花火梅雨が終わるとやってくるのが暑い夏
この暑い夏の風物詩と言えば、花火が真っ先に思い浮かびますね。

花火 大会に行くと、思わず口をぽかんと開けて見入ってしまいますが最近の花火は見る人を楽しませてくれるような形に凝ったものが増えています。

 

何故いろいろな形の花火が出来るの?

花火
花火 大会の、花火の中でいろいろな形を出来る型物花火 花火の中で一番一般的なのは
割物花火と呼ばれる夜空に大きな円をかくように広がる花火です。

しかし最近ではいろいろな形の花火が登場しています。

ハート、星、にこにこマークなど。これらの形の出来る花火を、型物花火といいますが、一体なぜ花火でなぜこのような形を作ることが出来るのでしょうか。

 

型物花火は火薬の位置がカギを握る

花火
花火 大会で、私たちの目を楽しませてくれる型物花火ですが、ほかの打ち上げ花火と作り方は同じです。

ただ何がポイントかというと、火薬の配置なのですね。
ハート形ならハート形に並べるなどといったその形に合う並べ方をする必要があるのです。

 

火薬のは位置さえうまくいけば何でもできる?

花火
花火は進化し続けています。そのため大きな花火大会に行くと、様々な型物花火を見ることができます。

例えば、ハート、星は基本的なものとして、猫、また文字も見ることが出来る様になってきています。

夜空の打ちあがる花火ですが、その花火にメッセージ性を持たせることが出来るのですね。

 

型物花火を楽しむには?

花火
型物花火を楽しむには、花火を見る場所も大切です。なぜならせっかく型物花火が上がっても位置が悪ければきちんとした形に見えないことがあるからなのですね。

 

できれば正面から見るのがおすすめ。

この夏、いろいろな花火大会に行って型物花火を楽しんみませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です