小学校低学年の頃にリビング学習をさせる理由

年長の頃から、学習机の購入を検討される場合も多いと思いますが それと同時に、最近ではリビングにおけるコンパクトな机を先に購入される場合も多いようです。 なぜ、リビング学習を低学年の頃にされるのか、理由をご紹介していきたいと思います。

勉強をする子供たち

 

年長の頃から、学習机の購入を検討される場合も多いと思いますが

それと同時に、最近ではリビングにおけるコンパクトな机を先に購入される場合も多いようです。

 

なぜ、リビング学習を低学年の頃にされるのか、理由をご紹介していきたいと思います。

 

ダイニングとは別の、簡易で勉強出来る場所

 

勉強する女の子

 

学習机を購入したとしても、結局、子供自身が一人で子供部屋にこもって勉強する習慣がついていないうちは、

親が近くでフォローしますが、その時にダイニングの机でやると、机の上の片付けが手間です。

 

リビングにコンパクトな机があれば、そこで素早く宿題をやり終えることも出来ますし、

他の家族がパソコン作業するときにも使えます。

文房具や辞書などの宿題用グッズ、パソコン、その他リビングで必要なものの収納場所としても便利です。

 

 

 

親が学習の様子を見守れる

 

見守る女性

 

必要以上に声をかける必要はありませんが、

親が近くで家事をしながらでもいることで、低学年の子供なら安心して宿題に取り組むことができます。

 

また、教科書の音読チェック単語カードなど、親がチェックしなければいけない宿題のときも、

横で家事をしながら見守れます

 

 

 

適度な雑音の中で集中力を磨くことができる

勉強する男の子

 

テレビの音や家族の会話、その他の雑音の中でも、宿題をやり終えるためには集中力が必要です。

 

家族がいる空間で、安心感を持って、集中して宿題に取り組み、さらに辞書図鑑で調べたり、

親に質問していく中で、理解が深まります

 

 

 

いずれは子供部屋で一人で勉強する基礎づくり

 

リビング学習をしていく中で、安心感をもち、集中力を養い、

小学校高学年頃には、子供部屋での学習に切り替えていく必要があります。

 

全ての勉強の基礎づくりとしてリビング学習を位置づけ、将来的に自分で学習するようにしていく必要があります。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です