低学年でも続けられる!勉強と習い事の両立と、おすすめ家庭学習教材を教えます!

子どもには勉強だけでなく習い事も重要です。そろばんや習字、水泳、サッカーなど、どれも子どもの将来性を豊かにするためには必要なもの。 しかし実際に勉強と習い事を両立するのは難しいものです。 どのようにすれば、勉強と習い事を両立できるのでしょうか。 両立するためのポイントは2つ! 1日の勉強できる時間の把握と集中力です。

1 1日の勉強できる時間はどのぐらい?

 

小学生の場合、習い事に掛ける時間は1日あたり約50分弱と言われています。ただし、これは実際に習い事などを行っている時間。習い事が行われている教室やクラブまで通う時間は含まれていません。

多くの場合、習い事の教室やクラブまでは片道で30分程度の場所を選ぶことが多いようですが、中には有名な講師や人気のある教室での習い事を求めて、1時間以上の時間をかけて通っていると言う場合も少なくありません。

そうなると、1日あたり、約2時間程度が習い事に費やされることになります。

習い事に2時間程度費やすと、お子さんの勉強できる時間は1日30分〜1時間になるのです。この30分〜1時間をどう使うかが重要になります。

2.小学生の集中力は学年×10分!学習習慣づけの重要性とは!

 

 

子どもの可能性を伸ばすためには、勉強と習い事の両立が重要になりますが、習い事やそこに通うための時間が増えていくと両立はなかなか難しいものになります。

もちろん、成長期の子どもにとっては、家庭での食卓や、睡眠時間もしっかり確保する必要があります。勉強や習い事に力を入れるあまり、きちんと休めなかったり、家庭でのコミュニケーションが不足したりすると、子どもの人格形成にも影響が出かねません。

それでは、どうすれば時間のやりくりができるのでしょうか。

まず大切なのは家庭学習です。勉強といえば、学習塾が思い浮かびます。確かに学習塾は経験豊富な講師陣による分かりやすい授業や、丁寧な教え方といったメリットもありますが、どうしても通学の時間が必要になります。最近では、複数の習い事を掛け持ちしている子どもも多いため、どうしても学習時間に通う時間が深夜になるという傾向もあり、その場合は送り迎えの時間も必要になります。その点で、家庭学習なら、家庭で安心して勉強に取り組めるだけでなく、親御さんの負担を減らすことにもつながります。

家庭学習のポイントは、勉強の効率を上げることです。勉強は長い時間やれば学力が上がると思いがちですが、実際には子どもの集中力は学年×10分程度と言われています。

1年生ですと10分、2年生でも20分です。この10~20分、いかに効率よく学習できるかという点が重要になります。

また、小学校の低学年は学習習慣が身に着つける時期です。この時期にしっかりと学習する習慣を身につけていれば、中・高学年、そして中学に上がった時に非常に有利です。

学習塾の場合、そこに通うことが習慣となってしまうこともあり、塾を辞めたとたんに勉強をしなくなった、家では勉強に集中できないといった子どもも少なくありません。

そのため、小学校低学年のときには、学習塾に通うよりも、家庭学習でしっかりと学習の習慣を身につけることが必要になります。

 

3.短い時間でしっかり勉強!おすすめ家庭学習教材

 

 

家庭学習で重要になるのがどのような教材で学習するかです。

 

家庭用学習教材にはいくつかあります。

「進研ゼミ」の小学講座「チャレンジ」は子どもの好きな「凝った学習ツール」や付録が充実しています。

他にも、タブレットを使う学習の「スマイルゼミ」や、ハイレベルな学習、中学受験に強い「Z会」など各教材ごとに強みを持っています。

 

その中でも、基礎学力や家庭学習習慣をイチからしっかり身につけていきたいなら「小学ポピー」がおススメです。

4.まず学習習慣つけるならポピー

 

 

小学校低学年のうちに学習習慣を身につけることは非常に重要。それには「毎日、無理なく家庭学習を続けていくこと」です。ポピーは低学年なら1回の学習が見開き2ページ、10分程度で効率よく家庭学習に取り組めます。だから、習い事などで忙しい小学生でも続けられます。

また、家庭学習の基本は「授業の復習をしっかりすること」です。特に低学年の子どもは、授業で習ったことと違うことをお家で勉強しても混乱してしましいます。

その点ポピーは、お子さまが使っている教科書に沿っているので、「今日学校で習ったところだ!」と、スムーズに授業の復習に取り組めます。

 

そう、家庭学習に必要なのは「教科書に沿って、シンプルに復習していくこと」です。だから、ポピーはシンプルな内容で価格も非常にリーズナブル!

どのような教材を選ぼうか迷っている方には、まずはポピーがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です