運動会ってなんのためにやるの?

秋と言えば「運動会」 家族もお弁当を持って見学にきて、思い出を写真におさめたり、保護者として参加したりと、家族ぐるみのイベントです。そんな一年に一度の大イベント行事ですが、運動会の歴史や目的はご存知でしょうか。 今回は運動会の歴史から行う理由をご説明してきます。

サムネイル

運動会の起源

サムネイル

 

運動会が開催されたのは戦前までさかのぼります。

 

明治7年に、東京築地にあった海軍兵学校で開催されたのが、日本初の運動会と言われています。

 

当時は、今の運動会という呼び名ではなく、競闘遊戯(きそいあそび)と言われ、アスレチックスポーツを日本語に訳したものの名称で呼ばれていました。

 

その当時の海軍兵学校の授業は座って学ぶものばかりしかなかった。
それをみた外国人教師のアーチポルド・ルシアス・ダグラスは
座学だけで気分が鬱々としてくると良くない遊びに走るかもしれないから、
学生たちがグレないように運動することを推奨したのです。

 

その後、1878年に札幌農学校で開催され、そこから北海道内の小中学校へと広がっていきました。

 

実際に定着したのは、文部省が学校で集団訓練のための運動会を行うよう指導したのがきっかけでした。

 

そして、1896年に初代の文部大臣、森有礼によって、全国の小中学校で運動会を実施することが義務付けられ、広まっていきました。

運動会をする意味

サムネイル

運動会を「楽しみ」と言う子もいれば「やりたくないな」という子供もいると思います。

 

しかし、運動会は協力し合い物事を達成することを経験したり、向上心、達成感やコミュニケーション能力などの勉強の場なのです。

 

また、運動会本番を迎える前から集団練習をしたりしていますよね。

 

集団練習でコミュニケーションをとったり協力し合ったり個人の運動能力向上など、練習の時から運動会は始まっているのです。

 

学校教育の中の大きな行事の一つであることは変わりませんが、
戦闘訓練だった運動会は、時代の流れと共にチームワークを深める行事となっていったのです。

 

まとめ

子供の運動会を見ていると小さい頃の自分を思い出すものです。

 

子供達全員が運動が好きという訳ではないでしょう。
中には運動が苦手な子供もいます。
先生にも同じことが言えるでしょう。

 

しかし、運動会は協力し合い物事を達成することを経験したり、向上心、達成感やコミュニケーション能力などの勉強の場なのです。

 

普段の生活ではなかなか運動をする機会も少なくなっているので、子供達にもよい経験です。

 

運動会を楽しく、そして無事に終えるためには体調を万全に整えておくことです。
子供達だけでなく、ご家族の方全員が体調を万全にしておきましょう。

 

当日は子供達と一緒になって、是非、運動会を楽しんでください。
お父さんやお母さんにも一生の思い出になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です