簡単!オリジナル入浴剤を作ってみよう!

料理に、掃除に、入浴に…ありとあらゆる場面で役立つ魔法の粉があります。 その名も「炭酸水素ナトリウム」。 魔法の粉を使うとどんなことができるかを教えてあげれば、お子さんもびっくりして、すぐに試してみたくなるはずです。

 

1日のつかれをとるにはやっぱりお風呂。

たま〜にお風呂に浸かってゆっくりしたいとき、ときどき入浴剤の「バブ」を使ったりしています。

この「バブ」ですが、実は、自家製ができるってご存知ですか?

小学生でも簡単に作れちゃうんです。というか、混ぜるだけ!?でできるのです。

「重曹」でできる

重曹

何で作るかというと、「炭酸水素ナトリウム」という、白い粉末でできます!

「炭酸水素ナトリウム」という言葉に馴染みがないかもしれませんが

「重曹」といえば馴染みのある言葉ではないしょうか。

 

この「炭酸水素ナトリウム」にはいろいろな特性があります。

・加熱をすると、二酸化炭素を発生させる
・弱アルカリ性で、酸を中和させる
・粒子が柔らかく、水に溶けにくい
・水と油と混ざると鹸化する

これらの特性に合わせて、いろいろな用途があります。

ではまず入浴剤から!

入浴剤

入浴中の女性
炭酸水素ナトリウムの持つ弱アルカリ性という性質は古い角質を柔らかくして除去しやすくなるので

肌をつるつるすべすべにする効果があります。

 
つくり方(混ぜ方)は簡単!

 

クエン酸」と一緒にお湯に入れだけなんです。

すると炭酸ガス発生し炭酸の泡が全身の毛細血管を刺激して血行を良くします。

 

自宅で温泉気分を味わえますね。
 

いろいろな使い方

粉薬

食品加熱すると二酸化炭素が発生するので、

ベーキングパウダー」として

クッキーやホットケーキなどのお菓子作りに用いられ

ふっくらと膨らませたり、サクっとした食感になります。

 

また、炭酸水素ナトリウムクエン酸に混ぜると炭酸ガスが発生し、「炭酸水」ができます。

 

その他の使い方

洗剤

 

食器洗い掃除

弱アルカリ性の特質を活かし、洗剤代わりに使われることがあります。

粒子がほどよい硬さなのでクレンジング効果があり、茶渋の洗浄に最適です。

 

また、炭酸水素ナトリウムを水に溶かし、反応すると石鹸になります。

 

しかも、親油性と親水性を兼ねた性質を持つので、油汚れに効果的です。

 

学校の実験にも使われています。
理科室

 

中学校の理科で「炭酸水素ナトリウム」を使った実験(化学反応の実験)を行います。

 

「1つの物質が2つ以上に分解する」ことを「化学反応」といい、

「加熱すると分解する」ことを「熱分解」といいます。

 

「炭酸水素ナトリウム」は「熱分解」の様子を見るために使用されます。

「炭酸水素ナトリウム」は加熱すると「炭酸ナトリウム」と「」と「二酸化炭素」に分かれます。

 

化学式:「2NaHCO3 → Na2CO3 + H2O + CO2

家庭で実用的に使われるのではなく、学校の実験材料としても使われています。
本を読む男性

 

家庭でできるおもしろ実験

理科の実験

汎用性の高い「炭酸水素ナトリウム」ですが

学校だけではなく家庭でも手軽に実験することができます。

 

例えば、重曹を使ってこんな面白い実験が楽しめます。

 

「重曹+クエン酸=バスボム

バスボム

重曹とクエン酸と片栗粉(2:1:1)を水と混ぜて、

固まらさせると、バスボムができます。

 

ドライフラワーエッセンシャルオイルを入れておしゃれなバスボムにしたり

プラ人形を入れて子供用バスボムにしたりと、オリジナルバスボムを作ってみましょう。

 

「重曹+パスタ=中華麺

中華麺

沸騰したお湯に「重曹」を入れて、パスタに記載してある茹でる時間に

2分延長して茹でるだけで

ラーメンみたいな、縮れ麺に早変わりします。

 

炭酸水素ナトリウム」の素晴らしい活躍っぷりはいかがでしたか。

みなさんもご家庭で実用使いするだけではなく、お子さんと楽しく家庭内実験をしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です