サッカーで大事なことは「思考」?!漫画アオアシに学ぶ思考力の鍛え方。

いわゆるサッカー漫画でなく、「思考」をテーマにしたサッカー漫画をとおして、スポーツでの頭の使い方を、教えます。

サッカーニュースを見ていて、「創造性があるプレイですね」「選手同士で感性が合致していますね」と解説されているのを耳にしたことはありませんか?

 

このような解説は、体よりも「思考」での結果を指していることが多いようです。

 

今回は大人気漫画アオアシを参考に、サッカーで頭を使うとはどういうことなのか?

を解明していきたいと思います!

 

サッカーって、体と頭どっちが大事?

子供にサッカーを習わせたい、または習わせているという親御さんは多くいらっしゃると思います。

そんな時コーチからよく言われるのが

「体も大事だが、頭を使え!」

ということだったりします…。

 

親ですら、どう頭を使えばいいの?と思ってしまいますよね。

 

サッカーにおいて、体のつくり、すなわちフィジカル部分はかなり重要です。

 

いまや長友選手や本田選手をはじめ、世界で活躍する選手は増えてきていますね!

日本人の弱点と言われていたフィジカル部分は、徐々に改善されてきていると言えるでしょう。

 

そんな中、いま最も日本のサッカーに足りないのは「思考」=インテリジェンスであると思われます。

 

思考のサッカー漫画「アオアシ」

みなさんは漫画アオアシをご存知でしょうか?

引用:http://spi-net.jp/weekly/comic049.html

 

アオアシは、ビッグコミックスピリッツという週間誌に掲載中の漫画で、Jリーグのユースチームを題材としたサッカー漫画です。

 

サッカー漫画といえば、すでに「ホイッスル」や「キャプテン翼」などがあり、「もう出尽くしたのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしアオアシは一味違います!

 

アオアシの漫画中でもっとも良く出てくるフレーズは「思考」なのです。

子供にサッカーを通して、「思考すること」を教えるにはうってつけの漫画なんですね!

主人公は直感重視の攻撃型フォワード(点を取る選手)ですが、Jユース監督に「直感を言語化し、思考し続けることができなければ上には上がれない」とはっきり言われます。

 

子供の「思考」は親が育てよう!

では普段の生活で親が心がけられることとは何でしょうか?

 

まず「思考」を育てることが大切です。

普段の生活で頭を使うことは、サッカーのフィールドでも必ず活きてきます。

 

まずは子供の思考を全て受け入れてあげること、そしてその後なんでそう思ったのか聞いてあげることが、独自の思考を育てる上では大切なのではないでしょうか?

 

ぜひ、サッカーと日常どちらでも思考を発揮する大人になってほしいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です