スマホは勉強の大敵?スマホとの上手な付き合い方とは

子供は、スマホを渡すとずっと触っています。そのため、勉強時間が減り学校の成績が落ちたり、動かないために体力が落ちてしまったりします。子供がスマホと上手に付き合うにはどうしたらいいのでしょうか。

スマホを見つめる女性

 

子供は、スマホを渡すとずっと触っています。

そのため、勉強時間が減り学校の成績が落ちたり、動かないために体力が落ちてしまったりします。

子供がスマホと上手に付き合うにはどうしたらいいのでしょうか。

 

スマホを子供に渡した時の悪影響

スマホゲームをする男性

子供がスマホを触ることと、学力の低下に関する研究は盛んに行われており、

多くの研究結果で、長時間のスマホの使用は学力に悪影響を与えているようです。

スマホには不思議な魔力があるようで、

子供に限らず大人でも一日中触ってしまう人もいます。

 

子供は1日に集中できる時間は限られています。

その時間をスマホに奪われてしまったり、スマホが気になり勉強が手につかなくなると成績が落ちてしまいます。

 

また、スマホを触るとほとんど体を動かしません

そのため、長時間家の中でじっとしていることになり、運動不足になってしまいます。

子供の頃の運動不足は体力や発育にも影響するので対策をしなければなりません。

 

運動不足の解消などで、外に遊びに行くときはこの様な可愛いポーチはいかがでしょうか。

Fluke Frog by gym master

スマホを子供から取り上げた時の悪影響

 

ベットでスマホを使う男性

あまりに子供がスマホを触ってしまう場合だとスマホの使用を禁止して、

一方的に取り上げてしまうこともあると思います。

 

最近では、小学生でもスマホを持っている子供は増えているので、

子供同士のコミニュケーションもスマホを介して行われていることがよくあります。

 

スマホを持っていない子供は連絡が取りづらいことから

遊びに誘われなくなってしまったり、

インターネット上で陰口を叩かれたりすることもあります。

 

また、スマホを持っていないということだけで実際にいじめられてしまう例もあるそうです。

スマホとの付き合い方

 

自撮りをする男性

子供の頃からインターネットと

現実世界の両方と上手に付き合う方法を知っておくことは非常に大切です。

 

最も有効な方法は家族の間で、スマホに関するルールを作ることです。

例えば、1日での使用時間をしっかり決めることや、ゲームをする端末を決めておくことなどがあります。

 

また、一人の世界になるべく入らないように、
やっているゲームの内容を家族と話すようにすると
子供のコミニュケーション能力が損なわれることがありません。

 

他にも、スマホを触る場所をリビングに限定しておくことや、

親がいる時間にしか使わないなどのルールをしっかりと決めておくことで、

子供がスマホに触りすぎることを避けることができます。

 

しかし、子供のスマホを勝手に見てしまうなど
プライベートに干渉しすぎてしまわないよう気をつけましょう。

スマホをみる目が疲れていませんか?
そんな時に大活躍のブルーライトからお子様の目を守るメガネです。

【PCメガネ キッズ】PCメガネ 子供

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です