子どもとお参り行く前に!知っておきたい神社とお寺の違いとは

わかりづらい神社とお寺の違いをまとめました。神社のお参りの仕方も書いておきましたので、お子さんと一緒に足を運んでみるのはいかがでしょうか?

「お寺と神社って何が違うの?」

「初詣ってどうしていくの?」

 

子どもにそんな風に聞かれたら、あなたはどう答えますか?

今日はそれぞれの違いや、役割をご紹介していきます!

 

神社とお寺の違い?

子どもと行く場合、神社とお寺どちらにお参りしたらいいのでしょうか?

実は神社とお寺には以下のような違いがあるんです。

簡単にいうと、お寺は仏教、神社は神道という異なる宗教の施設です。
(中略)
仏教は、中国・インドといった外国から日本に伝わってきたとされる外来の宗教です。
一方の神道は日本起源の宗教で、多くの神様を信仰します。山・森・石・神木といった自然や、特定の人物も信仰します。この世のあらゆるものに神が宿るとする考えから「八百万(非常にたくさん、無限)の神々」という言葉もあるほどです。

引用:http://mcha.jp/48156

 

つまり神社に行ったら八百万の神々に、お寺に行ったら仏教の神に祈ることになるのですね。

 

初詣はどっちに行ったらいいの?

では神社とお寺のどちらにお参りに行けばいいのでしょうか?

それは信仰している宗教によります。

もしあなたが信仰している宗教がなければ、どちらにお参りに行っても問題はありません

近所に行くもよし、有名な場所を訪れるのも良しですね♪

引用:http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/13512/

 

神社のお参りの仕方は決まっている?

ここでは神社のお参りの仕方をご紹介します。

①鳥居の前で一礼

 

②手水舎で身を清める

 

③本殿の鈴を鳴らす

 

④お賽銭を入れる

引用:http://osaisen.jp/

 

⑤2礼2拍手1礼をする

引用:http://hirotravel.com/kansai/isejingu/page_thumb13.html

⑥鳥居の前で一礼


これが一連の流れとなっています。

きっちりと決まったマナーがあるんですね!

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひお子さんにもお参りのマナー、教えてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です