かき氷を食べると頭が痛くなるのはなぜ?

夏になると食べたくなるのが、アイスクリームやかき氷ですよね。そして、誰もが食べた後に頭が「キーン」となったご経験はありませんか? この、頭が「キーン」となる症状について調べてみました。

今日のネタ結論

かき氷

頭が「キーン」となる理由として、2つ考えられます。

①口や喉が急激に冷えることで脳が冷たさを刺激と錯覚してしまう
②急激に冷えた口や喉を温める為に、血流を良くしようと頭の血管が拡張し炎症を起こす

頭が「キーン」となる症状には名前がある?

頭が「キーン」

実は、この症状には名前があります。その名前は「アイスクリーム頭痛」です。そのままだなぁと思った方もいらっしゃると思いますが、「アイスクリーム頭痛」は医学的な正式名称なのです。「アイスクリーム頭痛」の特徴は、「刺すような痛み」「頭を叩かれている」「脳が凍るような感じ」など症状は個人によって異なります。この症状に対する研究は多いのですが、頭痛が数分程度で収まるため、詳しい発症原因はまだ解明されておりません。

頭痛の正体は?

頭痛の原因

頭痛の原因としては、主にふたつの要因が考えられます。

1.口の中や喉の刺激を脳に伝える神経が、急激に冷やされるためと考えられています。この神経を三叉(サンサ)神経といい主に知覚を調整していますが、冷たいと刺激が強すぎて感覚信号の伝達に混乱が起きてしまい、冷たさを痛みとして脳が錯覚してしまうのではないかと言われています。

2.急激に冷やされた口の中や喉を、反射的に温めるために血流を増やそうして、頭の血管も拡張することにより、一時的に炎症が発生し頭痛が起きるのではないかと考えられています。つまり、急激な冷たさが刺激に変換され脳に伝わって起きる頭痛と言えるでしょう。

どちらの説も正しく、両方が要因となって発生していると考えられます。

頭痛を起こさないための予防策とは?

『アイスクリーム頭痛』の予防法

この『アイスクリーム頭痛』の予防法ですが、とてもシンプルです。それは『ゆっくり時間をかけて食べること』だそうです。

ゆっくり食べたり、口の中で溶かすことにより喉が冷える速さが抑えられて、神経の刺激や血管の膨張が緩やかになります。研究の結果でも、アイスクリームを急いで食べたときはゆっくり食べたときよりも2倍以上、頭痛の発生する確率が高いことが分かっています。また、最近流行りのふわふわした食感の「天然氷かき氷」は通常のかき氷とは違い、『アイスクリーム頭痛』になりにくいと言われております。その理由は、通常のかき氷は−10°に対して「天然氷かき氷」は−4°と温度が高く、削りが細かいため、溶けるスピードも早く喉への刺激も少なくなる為です。

いかがでしたか?急いで食べがちの、かき氷やアイスクリームですがせっかくですので美味しく食べるためにも口の中で溶かし、ゆっくり食べることを心掛けるといいかもしれませんね。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です