真相解明!生物の母である海が、7色に色が変わる不思議!!

我々生物の母である海に対して「海の色は何色ですか?」と聞かれたら、ほとんどの人は「青」と答えるでしょう。 でも、夕方に見る海は赤く、深海は限りなく黒い紺色に見えます。 南の国に行けばエメラルドグリーンの海もありますね。 水の色は透明なのに、時間や場所で海の色が変わるのは何故でしょうか。

海辺と女性我々生物の母である海に対して「海の色は何色ですか?」と聞かれたら、ほとんどの人は「青」と答えるでしょう。

でも、夕方に見る海は赤く、深海は限りなく黒い紺色に見えます。

南の国に行けばエメラルドグリーンの海もありますね。

水の色は透明なのに、時間や場所で海の色が変わるのは何故でしょうか。

海の色は「光」で決まる

海

海が青く見えるのは、空が青く見えるのと同じ原理です。

つまり、が関係しています。

太陽の光は赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の七色に分けられます。

太陽の光が海に入ると、青以外の光は海水に吸収され、青の光だけが海底まで届き、光を反射させます。そのため、海は青く見えるのです。

ただし、光の長さ(波長)には限界があるので、海の底が深くなるにつれ、光が届きにくくなるため、海底では暗い色に見えます。

 

「太陽の位置」によって色が変わる

海の色が太陽の光に関係していることがわかりました。

では、昼間の海は青く見えますが、夕方の海は赤やオレンジ色に見えるのは何故でしょう。

夕方になると、太陽が地平線に近いので、青や緑の光は空で散乱し、赤い光が地上に届くため、空が赤く見えます。

これが夕焼け空ですね。

夜になると太陽の光が海に届かないため、海の色は本当は暗いのですが、水面に夕焼け空が映るので、海は赤やオレンジ色に見えるのです。

「海の綺麗さ」で色が変わる

海の綺麗さ、つまり水の透明度によっても海の色が変わります。

海水が濁っていると、水中で太陽の光が反射せず濁った色に見えます。

例えば、中国大陸と朝鮮半島の間に位置する黄海では、黄河から運ばれる黄土が海に流れ込んで黄色に見えます。

逆に、綺麗な水だと、太陽の光が深い場所まで侵入するので、より濃い青になります。

マリンブルーの海や青の洞窟が有名ですね。

また、水の透明度が高く、水深が低くて、海底が白い砂の場合は、太陽光の青の波長と海底の白い砂で反射した光が混ざり合い、海はエメナルドグリーンになります。

 水で出来ていない海もある

海
北極海や南極海などの極地の海では、海の表面は海水ではなく海氷で覆われています。
そのため、海の色は氷の色になります。

また、地球が誕生した約46億年前の海は溶岩が溶けてできたマグマの海でした。

もちろん海の色はマグマ色になりますね。

「海は青い」と言われますが、いろいろな条件によってその色は変わります。

例えば、プランクトンなどの生物が大量に発生したり、夜光虫なんていう海を光らせる生物もいますね。

生物世界には不思議な色の海がたくさんありますが、まずは身近な海を眺めてみてはどうでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です