セミの寿命は1週間じゃなかった!「俗説」を高校生がくつがえす

「好きこそものの上手なれ」とはよくいったもので、 小学1年生から昆虫に惹かれ、いろんな昆虫の飼育/調査/探求等を続けてきた 広島県の高校3年生サイエンス部の植松さんが、セミの寿命は1週間という「俗説」をくつがえした、というニュースが山陽新聞digitalに掲載されていました。昆虫に興味を持つ年頃のこどもをもつ私には興味津々のニュース。 若い力が躍動しているのは、サッカーの久保建英選手をはじめとするスポーツ分野だけではありません!

今日のネタ結論

サムネイル_セミ

植松さんの調査/研究によると、セミは最長1ヶ月近くも生きているということなのです。

これは、小さいこどもを持つお父さんお母さんはしっておくべき調査/研究結果ですね!

植松さんの調査/研究の内容

植松さんによれば、1週間ほどで命が絶えると言われていたセミが、夏の時期にみちばた等でセミの死骸をあまりみかけないことに疑問をもち、実は”短命説”は間違いではないか、、、と考えたことが調査/研究の発端だったようです。

調査/研究方法として実施したのが次の内容です。

調査期間:2016年の7月中旬から9月中旬にかけてほぼ毎日。
場所  :笠岡市内の住宅地や雑木林など4カ所。
内容  :捕まえたセミの羽に油性ペンで番号をマーキングして放し、後日、再捕獲を試みる。この調査を繰り返し、アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミなど計863匹にマーキングをおこなうそのうち15匹を再捕獲し、4匹を再再捕獲。

すごい!この調査/研究は大学の研究室並みですね。

植松さんの調査/研究の結果

アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミの3種で10日以上の生存を確認したそうで、

アブラゼミ  :32日間(最長生存確認記録!)
ツクツクボウシ:26日間
クマゼミ   :15日間(こどものころ、私の周りでは人気があった)

だったようです。アブラゼミはたしかにしぶとそう!笑。

この調査/研究結果は、「中四国地区生物系三学会合同大会」で報告され、高校生の部(動物分野)で最優秀賞を受賞したそうです!受賞もうなずけます。

調査/研究からわかること

セミ

この調査/研究、学校の教科でいえば、理科、生物にあてはまる分野。学校で習っていることは今この時点で”そうであろう”ということが非常に多いものです。歴史もしかり。
大人になると、(もちろんそうでない方もいらっしゃいますが)、日々生活している中で”学校でそう習ったし”や“そういうもんでしょ”で片付けてしまっていることって多いのでは、と感じています。単なる天の邪鬼は良くありませんが、
今ある常識を疑ってみて、世の中をみてみると面白い発見がでてくるかもしれませんよ。

(ライター:いそきち)

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です