理科が苦手?いやいや、実はとても面白い教科なんです!

理科というと それだけで苦手意識を持つのは、世の常かもしれません。 ですが ちょっとした事が分かれば楽しくなってくるはずです。 お母さんもお子さんと一緒に、少しお勉強してみましょう。

理科室

理科というと

それだけで苦手意識を持つのは、世の常かもしれません。

 

ですがちょっとした事が分かれば楽しくなってくるはずです。

お母さんもお子さんと一緒に、少しお勉強してみましょう。

 

音の速度はとてつもなく速い

 

ボートレーサー

 

中学の理科では色々な事を学びますが

その1分野として「」があります。

 

日常的に聴こえてくる「」についてその性質をお勉強するわけです。

そして音の、基本的な性質を知れば、役に立つときがくるかもしれません。

 

中学の理科では、音の速度も扱うので、それだけでも憶えてしまいましょう。

結論から言いますと、音の速さは「340m/s」です。

 

「m/s」という単位は「毎秒メートル」というもので、

「340m/s」を日本語にすると「1秒間で340メートル進む」となります。

 

1秒間で340メートルとなると1分当たり340メートル×60秒=20400メートルで、

時速に換算すると20400メートル×60分=1224000メートルです。

 

1224000メートルを毎時キロメートルに直すと1224000メートル÷1000=1224キロとなります。

自動車じゃ到底おいつけませんね。

 

お子さんにこのような計算を教える際に、役立つ本といえばこれ。

子供自身でも読める内容で、中学生のお子様まで読んでいただける内容になっています。

?に答える!小学理科 教科書の基礎から入試対策まで (小学パーフェクトコース)

 

雷が落ちた位置を計算してみよう

雷

音の速度を活用する例として、良く挙げられるものが

雷の落ちた位置」です。

 

中学の理科の授業で扱われるかもしれません。

音の速度さえ、知っておけば、簡単に雷の落下位置が分かります。

 

雷が落ちるとき、私達はまず雷が「ぴかっ」と光るのを見て

それから「ごろごろ」「ずどーん」といったを聞くものです。

 

雷さま

光と音の間には時差があり、光は一瞬で伝わり、音は秒速340メートルで伝わります。

そのため、光を感じてから秒数を数え、その秒数×340メートルで落下地点までの距離が分かるのです。

 

そんな中、今人気のボーカロイドで中学理科を学べちゃう商品を

ご紹介致します。

ボカロで覚える中学理科(ミュージック・スタディ・プロジェクト)/学研プラス

 

3秒後に音が聞こえてきた場合

ストップウォッチ

 

例えば雷が「ぴかっ」と光った瞬間を0秒とし

そこから1…2…と数え3秒のあたりで「ごろごろ」と音がしたとしましょう。

 

このとき、音は落下地点から生まれ私達の耳に340m/sの速度で3秒後に到達しました。

なので340×3=1020となり、落下地点は私達を中心として1020メートルの地点に落ちたことが分かります。

 

中学の理科もあなどれませんね。

 

日常とは別の世界を知るきっかけ

路地

中学の理科の中でも「」は特に日常的な分野と言えます。

私達の身の回りにある環境で、当たり前にありふれた現象です。

 

ですが、そうした当たり前のものを科学的な視点で見るのが理科という科目と言えます。

音が340m/sの速度というのは、実感としてなかなか沸きにくいものかもしれません。

 

実際に部屋で流している音楽が340m/sで

自分の鼓膜に衝突している世界というのは想像しにくいものです。

 

ですが、実際にそうした物理現象は発生していて

それには様々な性質があり先人達が色々なことを解明してきました。

 

こうした日常的でありながら

ある意味日常的でない、世界の捉え方ができる科目が中学の理科なのです。

 

理科の面白さをお子さんが感じ取ったなら、嵌まってしまうかもしれません。

教室

今回は、音の速度から理科という世界を覗いてみました。

 

速度さえ分かれば簡単な計算で雷の落下位置を導き出すこともできます。

他には例えば遠くに見える打ち上げ花火から、花火大会の会場までの距離も分かるでしょう。

 

中学の理科には不思議な世界や便利な知識が豊富に詰まっています。

お母さんもお子さんと一緒になってお勉強したら意外に楽しいかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です