W杯観戦を楽しもう!ラグビーのプチ疑問にお答えします!

2019年9月20日、ラグビーワールドカップが開幕しました。開催国である日本は同日ロシアとの初戦を行い、見事30-10で勝利を収めました。初の決勝トーナメント進出も十分期待でき、日本中でラグビー熱が高まっている状況です。しかしながら、野球やサッカーと比べるとラグビーの試合を観る機会は少なく、そこまでラグビーのことを知らないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ラグビーの気になる点をいくつか解説していきたいと思います。ルールや反則については、テレビ中継の際に解説の方が分かりやすく説明してくれますので、今回はあえてテレビではなかなか説明しないような“プチ疑問”について説明していきます。

日本代表に外国人が多いのはどうして?

サムネイル

初めてラグビーの日本代表を見た人がまず気づくのは、他のスポーツの代表と異なり、外国人が多く登録されている点だと思います。

今回のワールドカップで登録メンバー31人のうち、海外出身選手は15人(日本に帰化済の選手を含む)となっています。
ラグビーでは代表選手になるのに代表国の国籍は必要なく、下記の①〜③のいずれかの条件を満たせば、当該国の国籍がなくても代表になることが可能なのです。

① 本人が当該国で生まれている。
② 両親、または祖父母のうち1人が当該国で生まれている。
③ 本人が当該国に3年間以上住み続けている。
※③については2020年末からは「5年間以上」となることが決定しています。

ちなみに外国人選手の上限数、いわゆる「外国人枠」も存在しません。
]
他のスポーツではあまり見ない光景かもしれませんが、様々な文化、国籍の選手がいる代表チームがラグビーの魅力の一つとも言えます。

試合前の国歌斉唱では、選手たちが肩を組んで君が代を歌っていますが、真剣な表情で口をしっかりと開けて歌う姿は日本出身の選手も外国出身の選手も変わりません。

試合の前の合宿中には、全員で君が代の練習をしているのです。
次に観戦するときは、試合前の国歌斉唱にも注目してみてください。

「キャップ」って何?

サムネイル

中継で選手の紹介を聞いていると、たびたび「キャップ」という言葉を耳にします。

このキャップとは、その選手が国の代表選手に選ばれて、テストマッチ(国同士の試合)に出場した回数を表します。

ではなぜ出場回数を「キャップ」と言うのかというと、それは実際に帽子が贈呈されるからです。

このキャップは金銀のモールや房などで飾られたつばの小さな帽子で、国際試合に初出場した選手に授与式で授ける形をとっており、授与後は5キャップを重ねるごとに星型のワッペンが贈られます。

「オールブラックス」みたいな愛称って他の国にもあるの?

「オールブラックス」とはニュージーランド代表チームの愛称です。
その上下黒のジャージが由来となっている名前は、世界最強チームの愛称として広く知られています。

それ以外の代表チームの愛称を、いくつか紹介します。

① 日本代表・・・「ブレイブ・ブロッサムズ」
② ロシア代表「ベアーズ」
③ サモア代表「マヌ・サモア」
④ フィジー代表「フライング・フィジアンズ」
⑤ トンガ代表「イカレ・タヒ」
⑥ オーストラリア代表「ワラビーズ」
⑦ 南アフリカ代表「スプリングボクス」
⑧ アメリカ代表「イーグルス」
⑨ アルゼンチン代表「ロス・プーマス」
⑩ ウルグアイ代表「ロス・テロス」

「ボーナスポイント」って何?

ラグビーの大会には、ボーナスポイントというルールがあります。
これは条件を満たすと勝ち点が増えるというものです。
ラグビーの基本的な勝ち点は下記のようになっています。

勝ち・・・4点
引き分け・・・2点
負け・・・0点

点数は異なりますが、サッカーのワールドカップ等でも目にする仕組みですね。
そして下記の条件を満たすと勝ち点が追加されます。

1試合で4トライ以上・・・1点
負けた際に7点差以内・・・1点

このボーナスポイントは実は非常に重要なのです。
前回の2015年大会、日本を含む3チームが予選で3勝1敗で並んだのですが、ボーナスポイントの差で日本は決勝トーナメントに進出することができませんでした。
ラグビーワールドカップにおいて、3勝で予選敗退というのは非常に稀なケースなのですが、ボーナスポイントの差に泣いた形となりました。
今回のワールドカップの初戦のロシア戦では見事4トライを決めたので、ボーナスポイントを含めて5点の勝ち点を獲得することができました。

そもそもラグビーワールドカップってどれぐらいすごい大会なの?

ラグビーワールドカップが話題になっているのは日本で開催されているからというだけではありません。

実はラグビーワールドカップは、夏季オリンピック、サッカーワールドカップと並んで、「世界3大スポーツイベント」と呼ばれているのです。
観客数は、2015年のイングランド大会が247万人で、今回の日本大会は会場規模が前回より小さくなることが影響していますが、それでも約180万人という人数が見込まれています。

テレビ視聴者数は200カ国以上でなんと40億人超にも上るといわれています。

また、オリンピックのように開催地が特定の「都市」に定められるのではなく、ラグビーワールドカップは「国」自体が開催地となります。
日本大会では全国12の都市に会場が設けられており、開催都市の周辺には試合のたびに多くの人が世界各地から集まります。
それだけ日本中が盛り上がる可能性があるのです。
来年開催される東京オリンピックにつなげるためにも、ぜひ成功を収めていただきたいスポーツイベントなのです。

まとめ

ラグビーについて少しは知ることができたでしょうか?

次の日本の試合は
9月28日(土)の16:15から行われるアイルランド戦
となります。
アイルランドは現在世界ランク2位(9/22付の最新ランキング。9/21時点では1位)で、優勝候補の一角となっており、予選最大の山場とも言えるでしょう。

日本初のベスト8進出を後押しするためにも、みんなで一緒にラグビー日本代表を応援しましょう!

(ライター:長井ガク)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です