そういえばそうだった!あなたも驚く!なぜ上空から降る雨に打たれても痛くないの?

雨に打たれても私たちは平気ですが、上空何千メートルもの高い位置から雨は落ちてくるのにどうして痛くないのでしょうか。 気づきそうで気づかない、そんな疑問を解説しようと思います。

傘

雨に打たれても私たちは平気ですが、上空何千メートルもの高い位置から雨は落ちてくるのにどうして痛くないのでしょうか

気づきそうで気づかない、そんな疑問を解説しようと思います。

 

すべての物には「重力」が働く

傘を持たない女性
この世のすべての物には重力が働きます。

私たち人間から空気にも、もちろん働いています。雨はこの「重力」によって地上に引き寄せられるのです

 

「空気」が物体を妨げる

槍と盾

車から手を出すと空気を感じることができますが、これを「空気抵抗」といいます。

物を飛ばしたり、落としたりすると空気抵抗が働き減速します。

 

重力と空気抵抗が落下中につり合う

うさぎとカエルと雨

雨粒のように重さがある程度軽くなると、重力空気抵抗が空中でつり合い、

それ以降は雨粒の落下する速度は一定となってしまいます。

 

速度が変わらないから痛くない

うさぎ

つりあってから、それ以降は加速せず地上へ落下するため、たとえ雨にあたっても痛くないのです。

もし地球に、空気がなかったら傘ではしのげなくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です