子供にプログラミング教育は必須?!今親ができることを調べました

ニュース等で報道される「プログラミング必修化」の話題、ご存知ですか? なぜここまで騒がれるのでしょうか?秘密に迫ってみました。

ニュース等で報道される「プログラミング必修化」の話題、ご存知ですか?

なぜここまで騒がれるのでしょうか?

 

今回はこのプログラミング学習について、お子さんの教育のヒントになる方法を考えていきます。

 

まず「プログラミング」の意味を!

そもそもプログラミングとはどのような物なんでしょうか?

これはズバリ、「コンピュータのプログラムを作成すること」です。

なんだか、カッコイイような、難しいような感じがするかもしれません。

 

簡単に言うと、コンピュータに何かを命令して、思い通りに動かすこと

これがプログラミングです。

 

世界では出来て当たり前のプログラミング

このプログラミングですが、世界では子供への必修化が進んでいるんです。

例えばイスラエルでは、10年前からプログラミングが必修化されています。

イスラエル、世界の国々より10年以上早い2000年より高校でのプログラミング教育を必修化しています。
また、高校を卒業すると男女ともに兵役があり、そこではさらにIT技術に関する指導を受けます。このように国民全体がエンジニアとしての技術を習得できる仕組みがすでに出来上がっているんです。

引用:https://chiik.jp/articles/wBPgt

 

日本は相当出遅れていることがわかると思います。

ではなぜ世界はプログラミングの必修化を急ぐのでしょうか?

 

英語<プログラミング言語?

というのも、これからの世界でプログラミング言語は、英語より大切になるかもしれません。

英語はもちろん世界共通語として必須ですが、プログラミング言語は生まれた瞬間から世界必須の言語でした。

パソコンを始めとする機器が普及するにつれて、世界必須ということが知れ渡ってきた、と言い換えられます。

今後世界はますます機械の割合が増え、お子さんが接する機会も、もっと増えて行くでしょう。

その際にこの機械をコントロールする力がないと、普通の生活もままならない可能性があります。

 

親は何ができるの?

そんな時代に親のできることとは何でしょうか?

それは親世代がそろばん等を体験してきたように、子供にもプログラミングをできるだけ早い年齢から体験させてあげることではないでしょうか?

重要なのは、学ばせるのではなく、まず体で体験させることです。

絵を描いたり、歌を歌うのと同じように自然に、体験させてあげましょう。

 

例えば、現在様々なプログラミング体験方法が存在します。

 

おすすめプログラミング体験方法!

①code monkey island

まずおすすめなのが、プログラミングを学べるこのパズルゲームです。

簡単にお子さんが没入することができ、比較的コストも安いです。

 

③project blocks

次におすすめなのが、googleの開発したproject blocksです。

連結させて直感的にプログラミングを学ぶことができます。

 

③scratch

最後はscratchという、PCで行う学習ソフトです。

こちらはPCで操作するので、一番実践に近いと言えるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひお子さんにプログラミングを早いうちから体験させてあげてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です