海では楽しみがいっぱい、色々なことをして満喫しよう

夏といえば海というぐらい、夏には海に遊びに行く機会が増えます。 海に行く場合は、事前に計画を立てていかないと現地で手持ち無沙汰になってしまい、 残念な思い出になってしまうかもしれません。 海に行くときに、どんな遊び方があるのかを紹介します。

海

夏といえば海というぐらい、夏には海に遊びに行く機会が増えます。

海に行く場合は、事前に計画を立てていかないと現地で手持ち無沙汰になってしまい、

残念な思い出になってしまうかもしれません。

 

海に行くときに、どんな遊び方があるのかを紹介します。

 

海の楽しみ方

海では到着した瞬間から、その日楽しめるかが決まります。

 

良い場所を占有できると、非常に楽しい思い出になるので、着替えよりも先に場所取りに向かいましょう。

子連れの場合、広いスペースが必要になるので、少し広めのシートを用意してしっかりと場所を確保しましょう。

 

出費を抑える

海では色々なものが、少し高めの値段設定になっています。

 

そのため、喉が乾くたびに飲み物を買いに行くと、かなりの出費になってしまいます。

飲み物が高いからと、買いに行くのを渋ると熱中症になってしまうリスクがあります。

クーラーボックスを持っていき、冷えた飲み物を準備しましょう。

 

スイカ割り専用の棒が販売されていた!

夏の海の定番といえば、スイカ割りです。

スイカ割りに使う棒は、バットなどで代用することがよくありますが、

うまく割れず、せっかくのスイカが飛び散ってしまったり、ボロボロになることがあります。

 

専用の棒で、叩くと子供でも綺麗に割ることができます。

この機会に常備しておくのも良いかもしれません。

 

後半は磯遊びを楽しもう

お昼も済ませた頃には、子供たちはただ泳ぐことに飽きてしまっているかもしれません。

浅瀬砂浜には生き物がたくさん住んでいます。

 

理科校外学習のつもりで海の生き物の観察会を開いてみましょう。

ただし、あまり夢中になってしまうと深いところまで行ってしまうかもしれなので、目は離さないようにしましょう。

 

花火で海を締めくくろう!

砂浜によっては、夜間に花火をしても問題ないところもあります。

子供たちと花火をして、海の思い出を締めてはいかがでしょうか。

 

夕方は、帰り道が最も混む時間帯ですので、時間をずらすためにも花火をして少し待ちましょう。

花火禁止の海もあるので事前に確認の上行いましょう。

ビーチ

帰りの車の中では、子供は疲れて眠っているかもしれません。
車内の冷房が効いていると、子供がまだ濡れている場合、体温を奪ってしまいます

風邪をひいてしまい、夏の思い出を台無しにしてしまわないように車内では防寒対策をしっかりしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です