打ち上げ花火、今と昔で色が違うの?

夏といえば、やっぱり花火ですよね! 毎年ここ!と決めているわけではないのですが、 我が家では毎年どこかの花火大会には出向いて見るようにしています。 毎年100万人近い見物客が訪れる隅田川花火大会は台風の影響を受けず開催されてよかったです。テレビでみていましたが、やはりリアルには断然負けますね。。。。 色鮮やかな色彩が花火の美しさ/素晴らしさの1つですが、実は昔の花火は1色だったってご存知ですか?


サムネイル_花火

オレンジ1色だった昔の花火

昔の花火-江戸時代の頃までの打ち上げ花火は、私たちが今鑑賞を楽しんでいる様々な色合いの花火はありませんでした。色はオレンジ色しかなかったそうなのです。ちょうど線香花火や、手筒花火のような色合いです。その成分といえば硝酸カリウム、硫黄、木炭でこれらを混ぜ合わせて作った黒色火薬。

反応時にかなりの火薬滓と白煙を発生させることから、今ではかなり使用用途が限られています。その歴史は古く中国で6―7世紀ごろ発明されたものです。3大発明の1つに数えられています。(ちなみに3大発明とは15~16世紀、ヨーロッパに大きな社会的変革をもたらした三つの発明のことで、火薬・羅針盤・活版印刷術をさします。)

花火にさまざまな色が付き始めたのは、明治時代に海外からいろいろな火薬の元や金属の粉がもたらされ、それらをかけあわせることでさまざまな色の花火が出誕生しました。

オレンジ一色の花火を和火(わび)、明治以降の花火を洋火(ようび)と言ったりします。いまでは当然ほとんどがこの洋火(ようび)で花火がつくられていますが、現在でも伝統を引き継ぎ、宮城県宮津市など、各地で和火(わび)見ることが出来るようですよ。

炎色反応

サムネイル_花火2
美しい花火の色は炎色反応を利用したものです。「炎色反応」とは金属イオンに炎を当てて加熱すると、特定の色の炎になる現象です。たとえば、一例をあげますと、

①Sr(ストロンチウム) → 紅色
②Ba(バリウム) → 黄緑色
③Cu(銅) → 緑色
④Na(ナトリウム) → 黄色
⑤Cu(銅)+Sr(ストロンチウム) → 紫色
⑥Al(アルミニウム) → 銀色
などなど。

サムネイル_炎色反応
花火以外の身の回りの炎色反応として有名なものはトンネルのランプ。道路のトンネルに設置されているランプにナトリウムランプというものがあり、暗いトンネル内で黄色に光っています。

これはナトリウムの炎色反応を利用したもので、気体化したナトリウムをランプの中に閉じ込めて電気を流すことでエネルギーを与え、黄色に発光させているのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です