ピラミッド建築の新事実とは?ピラミッドの秘密【知識編】

新たなピラミッドの発見など、解明が進むピラミッドの歴史。ピラミッドの知識や構造、謎についてお話していきたいと思います。

エジプトにあるピラミッドって、何だか知っていますか?

ご存知の通り、「王の墓」ですね。

 

・紀元前2600年頃、古代エジプト第三王朝ジェセル王によって、史上初のピラミッドが建設された。

・第四王朝にピラミッド建設は最盛期をむかえ、ギザの三大ピラミッド(クフ王のピラミッド・カフラー王のピラミッド・メンカウラー王のピラミッド)が築かれた。

・現在では、140基ものピラミッドが見つかっている。

引用:http://matome.naver.jp/odai/2141736456686455401

 

クフ王のピラミッド

 

それでは、近年ピラミッドについて解明された新事実や、最新の発掘方法についてお話していきましょう。

 

ピラミッドに関する新事実

ところが、エジプト考古最高評議会のザヒ・ハワス事務局長が主導する考古学チームは、それまでの定説を覆す発見をしました!

 

2010年、エジプト考古最高評議会のザヒ・ハワス事務局長が主導する考古学チームは、クフ王のピラミッドの建設に従事した労働者の墓群を発掘した。

引用:http://www.afpbb.com/articles/-/2681358?pid=5149389

 

ピラミッドのために何万人も奴隷が働かされた、は大ウソ。庶民が建造に参加したのは、ビールが飲めるからだった!

引用:http://www.kirin.co.jp/entertainment/daigaku/HST/hst/no81/

 

ピラミッド建設が従来考えられていた奴隷に強いられた過酷な労働によるものではなく、「雇用」された自由な労働者による国家事業であった。

引用:http://www.epochtimes.jp/jp/2010/01/html/d61282.html

 

ピラミッド建設は、強制労働を強いられた奴隷が建設していたのではなかったのですね!

ビールを飲むために働くとは、なんと現代的な発想なんでしょう。

 

新たなピラミッド発見を求めて

 

地球の絵

 

2011年アラバマ大学のサラ博士は、地球の上空をまわる人工衛星に搭載された赤外線カメラを使うことにより、新しいピラミッドを発見することに成功しました。

 

エジプトの地下に眠る 17 の新たなピラミッドと、3,000 の集落、1,000 以上のお墓が見つかったというもの。ピラミッドの多くは発見される前に盗賊によって荒らされており、多くの考古学者が荒らされていない未知のピラミッドを探しています。

引用:http://www.cocorila.jp/article/articles.html?num=2011061401

 

考古学者たちにより、少しずつ解明されていく古代エジプトのピラミッドの歴史。
これからどんな新発見がされるのか楽しみですね!

 

次回は、「ピラミッドの秘密②【構造編】」についてお話いたしますので、お楽しみに!

↓ 次回記事はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です