右手をあげて鏡をみたとき、鏡の中のあなたは左手と右手、どちらをあげていると思いますか?

毎朝身だしなみを整える時に見る。 トイレで髪型を整えるために見る。 街角でガラスに映った自分をみて容姿を確認する。 知らず知らずのうちに1日に何度も鏡を見ていますよね。 鏡をみると右と左が逆にうつると思っている人が結構多いと思いますが、 実は左右が逆になっているのではないってご存知でしたか?

左右が反対ではないとすると?

サムネイル

「そんなことないでしょ、左右が反対でしょ」と思われるしれませんが、

実は、これ、ちょっと違います。

うん???どういうこと???

では、今もし、あなたの目の前に鏡があるようなら、みてください。

鏡の中のあなたはいまどちらを向いているのか 、ということから考えて見ましょう。

鏡の中のあなたがあなた自身と同じ向きを向いているとすると、

背中や後頭部が写るはずです。

でも実際は、、、、、、、、、、、、

そう、顔とか胸とか見えますね。

ということは、鏡の中のあなたは、本物のあなたと反対を向いていることになります。

それは、右と左が反対ではなく、前と後ろが反対に写っているのです。

 

左右が逆だと思っている人が多い理由

それでも、

「いやいやいや、そんなことないでしょ?左右が逆だよ」

と思われる方もいらっしゃるでしょう。

これはそう思っても仕方のないことでして、

人間の体は左右対称になっているため、どうしてもそう思ってしまいます。

いわゆる「錯覚」なのです。

右と左が逆さまになっているとしたら、上と下も逆さまになっているはずなのです。

人間や動物以外で確かめて見る

下の写真をご覧ください。
(※今たまたまVANHOUTENのココアを飲みながら書いていたので、ココアの写真です笑)

サムネイル

(スマホのカメラで撮影したココア画像)

サムネイル

(スマホの鏡アプリを使って写したココアをスクショした画像)

この2枚を比較するとなんとなくわかるのですが、

1枚目の画像(カメラで撮影したココア画像)を

180度反対に向けた状態をイメージしていただき、

それを自分の位置は変えずにココアを透視したとしたら、

2枚目の画像(鏡アプリを使って写したココアをスクショした画像)になりませんか?

右と左が逆ではなく、前と後ろが逆になっているのがなんとなくわかりますよね。

まとめ

サムネイル

この鏡のカラクリ、
記事を書いている私自身がここ数年で一番衝撃をうけた事実でした。

自分が常識だとか、観念的に思い込んでいることが

他にもあるんではないかと思い始めています。今一度、

“これって本当にそうなのかな〜?”という視点でものごとをみていくこと、大事ですね。
(byいそきち)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です