人の強い味方!蚊の天敵たち

夏になるといやなのが、蚊ですよね。。。。 私の中ではゴキブリについでいやな昆虫です。ゴキブリにはアシダガグモという天敵がいますが、敬意を込めて「アシダカ軍曹」などと呼んでいる人もいるようです。では、蚊の天敵をご存知でしょうか? 実は彼らの天敵、魚系、虫系、動物系、結構いるんです!


サムネイル

幼虫時代の天敵

サムネイル
まず魚系は、蚊の幼虫である「ボウフラ」をよく食べます。特にメダカにとっては、大好物。Youtubeでは、大量のボウフラの中にメダカを入れてパクパク食べる動画も出ています!あと、メダカに似た「カダヤシ」という小さな魚もボウフラが大好物。名前も「蚊」を「絶やす」からきているくらいです。

虫系ですと、なんと共食いもあるようで、幼虫時代にオオカ類などのボウフラは他の種類のボウフラを食べます。また、トンボの幼虫もボウフラを食べますし、ゲンゴロウ類、タイコウチ、ケンミジンコ類なども食べます。

成虫時代の天敵

サムネイル
成虫時代の天敵でまず虫系ですと、親子で蚊が大好きなのが、トンボ。トンボは蚊にとってはかなりウザい存在なのですね。トンボであれば家の中に飼っても良さそうですが、うるさいですね^^;

そして、ゴキブリの天敵であるクモ。

マレーシアに生息しているハエトリグモ科のパラキルバ・ワンレッシ(Paracyrba wanlessi)というクモが人間の敵としてかなり嫌われている蚊を大好物な餌としている捕獲していることがわかっています。

また、熱帯アフリカに生息する別のハエトリグモ科で、「エバルカ・クリキボラ(Evarcha culicivora)」という種のクモは、病気、特にマラリアを蔓延させてしまう最悪の蚊であるハマダラカを好んで食べるそうなのです!

動物系ですと、鳥、コウモリ、ヤモリ、カエルなどです。これはなんとなくですが、そうだろうなーという気持ちになります。特にカエル、ヤモリは、好きそうな顔をしています笑

サムネイル

こうしてみてみると、我々人間の前に現れる蚊はかなりの生存競争を勝ち抜いてきた蚊なのかなと思ってしまいます。荒波をくぐりぬけてきて、人間の血を吸った蚊は蚊の中の英雄(ヒーロー)ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です