おせちの中身…その正しい意味を伝えられますか?

お正月といえばおせち! 中身にもそれぞれ意味があることは知っていますよね。 けれど、その正しい意味をきちんと子供に伝えられる方は意外と少ないもの。 せっかくの日本の伝統行事、きっちり伝えたいですよね。今回はおせちの中身についてご紹介します。

おせち料理

お正月といえばおせち

中身にもそれぞれ意味があることは知っていますよね。

 

けれど、その正しい意味をきちんと子供に伝えられる方は意外と少ないもの

せっかくの日本の伝統行事、きっちり伝えたいですよね。今回はおせちの中身についてご紹介します。

 

栗きんとんの秘密

まずは子どもも大好きな栗きんとん!その黄金色は豊かさの象徴

豊かな1年になるようにと願いがこめられています。

また、栗には「勝ち栗」の意味もあって演技が良いのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

栗きんとん(平田屋)400g
価格:1512円(税込、送料別) (2017/9/4時点)

 

蒲鉾の秘密

蒲鉾は紅白の色ですが、紅い部分はおめでたい気持ちと慶び、白い部分は神聖さをあらわしています。

また、日の出の象徴でもあるんですよ。

 

黒豆の秘密

黒豆の「まめ」は健康を意味する言葉

「まめに働く」などのごろ合わせもあります。意外と昔から、お演技担ぎはダジャレ的な要素がありますよね。

 

数の子の秘密

数の子はニシンの卵なんですが、ニシン→二親から多くの子、つまり子孫繁栄を祈る意味があります。

古いことからおせちにはかかせない一品です。

 

家族でおせち料理を楽しむイラスト

 

錦糸卵の秘密

黄身と白身の2色が金と銀にたとえられているのです。

2色と「きんし」がごろ合わせになっているともいわれています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

玉丸 錦糸たまご 40g
価格:159円(税込、送料別) (2017/9/4時点)

 

おせちを入れる重箱にも実は意味があります。

めでたさなどを「重ねる」という意味もあるお重。お重に縁起の良いものが入ったおせち

食べながら子供に意味を伝えられればきっともっとお正月を楽しめますね。

 

日本人ならではのお正月にかかせないおせち。今年は更に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です