計8回の選挙落選から大逆転!リンカーン元大統領の人生とは

数々の失敗を繰り返し、最後にアメリカ大統領まで登り詰めたリンカーン元大統領の人生をご紹介。お子さんの教育のヒントになればと思います!

リンカーン

皆さん「リンカーン」という名前はどこかで、一度は聞いたことがあると思います。

 

リンカーンは50歳を超えるまで、数々の失敗を経験し、最後にアメリカ大統領まで上り詰めた人物です。

 

今回はリンカーンの失敗、そして大逆転での成功をご紹介していきたいと思います。

 

リンカーンの出生や人柄

ケンタッキー

リンカーンは、緑豊かな街ケンタッキー州で生まれました。

リンカーンは、1809年2月12日に、ケンタッキー州ラルー郡の現在はホジェンビルと呼ばれる町の1室しかない丸太小屋で生まれた。エイブラハムという名前は開墾をしていた1786年にインディアンに襲われ、撃たれて死んだ祖父の名前を貰ったものだった。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/エイブラハム・リンカーンの前半生

 

小屋

なんとあのリンカーンは丸太小屋で生まれました。

あまり裕福な家庭ではなかったそうです。

 

リンカーンに襲いかかる逆境

事業に失敗し会社が倒産

リンカーンは雑貨商を営んでいました。

雑貨商

リンカーンが22歳のときこの会社は倒産します。

しかし彼はこの失敗にめげずに挑戦を続け、後に測量士として安定的にお金を稼げるようになりました。

 

恋人アンの死と鬱との戦い

リンカーンには恋人がいました。名前はAnn(アン)です。

多くの者に拠るとアンはリンカーンの最初の恋愛相手であり、おそらく最も情熱的な愛の対象だったとされている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/エイブラハム・リンカーンの前半生

 

愛し合っていた二人でしたが、腸チフスという病が街に蔓延し、アンは死んでしまいます。

その後アンを失った辛さから、リンカーンは鬱状態になりました。

鬱

その病は数ヶ月続きましたが、リンカーンはこの病も克服しました。

 

選挙に合計8回の落選

看板

リンカーンは州選挙、国政選挙に合わせて8回出馬していますが、全てに落選しています。

それもそのはず、丸太小屋で生まれ、自分の力でのし上がってきたリンカーンには、パワーのある人脈や、選挙活動に十分なお金がありませんでした。

それでもリンカーンは、8回もの失敗を乗り越え挑戦を続けます。

 

ついに大統領に!

大統領

数々の失敗を乗り越えたリンカーンですが、1860年11月、彼が51歳の時ついに大統領になることができました。

彼の数々の失敗が報われ、初の成功を掴んだ瞬間でした!

 

リンカーンから学べること?

このリンカーンからお子様の教育に活かせることはなんでしょうか?

こんな風に考えられるかもしれません!

 

①失敗を恐れない気持ち

親としては、できる限り子供が失敗しないように最善を尽くしたいと考えてしまいがちです。

それ自体は当然なのですが、子供は生きていくうちに、数々の失敗を経験します。

本当に大切なのは、その失敗を恐れないでトライし続ける気持ちなのかもしれません。

 

②挑戦し続ける気持ち

その上で大事なのが、挑戦し続ける気持ちです。

 

失敗から回復して、何度も立ち上がることができれば、明るい未来がいつか手に入るでしょう。

 

③人間はいつ報われるかわからない

成功

人間の人生は誰にも予想できませんが、どこかのタイミングで必ず失敗の数が活き、成功を感じることができるのかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひリンカーンの人生を教育にも活かしてみてください!

 

それでは。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です