生涯を通して続けることができるジョギングの魅力!

皆さんこんにちは! スポーツが苦手な子供にとっては、体育の時間にやりたくない!と 思っているのは、持久走ではないでしょうか。 ですが近年、ジョギングをすることがブームを起こしている事もあり何かと注目されています。 そんな持久走を、ぜひ楽しんでみたいと思いませんか。

ジョギングをする人

皆さんこんにちは!

 

スポーツが苦手な子供にとっては、体育の時間にやりたくない!

思っているのは、持久走ではないでしょうか。

 

ですが近年、ジョギングをすることがブームを起こしている事もあり何かと注目されています。

 

そんな持久走を、ぜひ楽しんでみたいと思いませんか。

 

重要なのは自分のペースを知る事

ジョギングをする人

持久走が、嫌いになる原因に挙げられることで、走っている最中

苦しい」「きつい」という症状があると思います。

 

この「苦しい」「きつい」の原因は、自分の身体の能力に対して、負荷をかけたスピードで走っているので

そうなってしまいます。

 

体育の授業などで、多くの人数でスタートするような場合、持久走の得意な子のペースにのまれて無理していませんか。

楽しんで、無理なく走る事が目的であるならば、まずは自分のペースを明確にしていき

その上で、タイムを徐々にあげられるように少しづつ、目標を立てて走っていくのがいいかもしれませんね。

 

 

無理をしないで続けることが大事。

ジョギングをする人

お子さんが楽しく体力づくりをするうえで、継続して運動することが大切です。

例えば、ランニングをしようと思い立ってから、初日に長い距離を走らなくてもいいんです

 

まずはご両親と一緒に散歩をすることから、始めてもいいと思います

 

少し体力がついたかな、と思う頃にいよいよ走り出してみましょう。

今日は1つだけ先の交差点まで走ってみようとかです。

 

そうして徐々に、徐々に距離を伸ばして行く方法が良いと思います。

 

それを2、3回繰り返します。 慣れてきたら回数を増やしたり、どんどん距離を延ばしたりしていきます。

とにかく、1か月、3か月、1年、3年、5年と短い距離で良いから続けることが重要です

 

 

体育の授業や部活動に応用できる。

体操着を着た男の子

体育の授業は小学校でも45分

部活動はもっと長時間、身体を動かします。

 

どんなスポーツをする上でも基礎体力持久力がなければ

活躍することはできません。 基礎体力や持久力があってこそ、球技や陸上競技での

華やかなパフォーマンス成功するのだと思います。

 

 

いかがでしたか?

ジョギングをする人々

私たちは、『走る』事について

ただただ、辛い事と考えがちですが、実は自分の身体の『基礎体力』や『持久力』を高めるのに

とても有効なんですね。

 

だからこそ、健康ブームジョギングを行う方々も多いのかもしれません。

お子様と、ご両親も、これを機にジョギングから初めてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、またお会いしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です