2年で1千万稼ぐレモネード少女?世界で活躍する子供たち

10歳で1000万を稼ぐ女の子がいる!?ということで調べてみました。そして彼女のお金を稼ぐモチベーション(理由)に世界が脱帽したんです...!!!

 

あなたは子供に、毎月お小遣いをあげていますか?

あげているならば、その額はいくらでしょうか?

 

世界には、自分の力でお金を稼いでしまう子供がいます。

さらにその中には、信じられない大金を、短期間に稼いでしまう子供も存在するのです!

彼らは、普通の子と何が違うのでしょうか?

どんな教育を受け、なぜ若くしてビジネスで成功するような子供になったのでしょうか?

世界で活躍する子供たちを、ご紹介していきたいと思います!

 

レモネードで数十億を稼ぐ10歳?

ご紹介したいのが彼女です。

 

ビジネスを始めた頃、当時9歳だったビビアン・ハー。

なんと道端でレモネードジュースを売って、数十億円を稼ぎました。

両親から手渡されたとある一枚の写真を見て、9歳の少女は憤慨した。

それは、自分と同い年くらいの奴隷の少年が2人、大きな岩を背負って運んでいる写真だった。

引用:http://beinspiredglobal.com/ten-million-yen-in-two-weeks

 

彼女が両親から教わったのは、「自分と同年代の子供が奴隷として働かされている」という事実でした。

 

児童奴隷達を救うため…!

そんな事実を知った彼女は、すぐに動き出しました。

引用:http://investorplace.com/2012/08/8-year-old-girl-raises-30k-selling-lemonade/#.V7eBfpOLQUF

 

家の前の路上で、レモネードスタンドを始めたのでした。

写真のように「Frees slaves」を掲げ、奴隷解放のために、1本2ドルのレモネードを売ることで奴隷解放を目指したのです!

 

10歳ながらにして…!

なんと2週間にして彼女のあげた売上は、1,000万円以上

このニュースはSNSを中心に、またたく間に全米中に広がりました。

 

そして彼女は、「Make a stand」という会社を父親と立ち上げ、商品をブランド化しました。

レモネードの売上の5%を、奴隷労働問題に取り組むチャリティ組織に寄付するというものです。

引用:http://www.businessinsider.com/make-a-stand-founder-vivienne-harr-2014-5

 

そして、これまでに100万ドル以上の売上を出すまでに成長しました!

 

すごいですね…!

彼女の最終目標は1,800万人いる児童奴隷を全てを解放すること、だそうです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ビビアン・ハーさんにとどまらず、世界には「すごい」子供たちがたくさんいます。

今後も世界の子供達を紹介し、ご両親の教育に役立つヒントを与えられたらと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です