植物の種類って知ってる!?意外と知らない葉っぱの秘密!

中学一年生になると、理科で植物の仲間分けを学習します。 双子葉類と単子葉類の分類、合弁花類と離弁花類の分類でつまづく子どもが多いように感じます。 そこで今回は、単子葉類、双子葉類、合弁花類と離弁花類についてまとめてみました。

プランターに入れた植物

 

中学一年生になると、理科で植物の仲間分けを学習します。

 

双子葉類単子葉類の分類、合弁花類離弁花類の分類でつまづく子どもが多いように感じます。

そこで今回は、単子葉類、双子葉類、合弁花類と離弁花類についてまとめてみました。

 

単子葉類はバラバラな糸の束のようなイメージ

トウモロコシ農家

 

単子葉類は、その名の通り、子葉が「1枚」の植物です。

 

それ以外にも、いくつか特徴があります。

 

キーワードは、「ひげ根」「ばらばら」「平行」「1枚」です。

草取りをするとき、わりとすぐに抜けて、根に土が沢山ついているタイプの草がありますよね?

 

振ると土が落ちて、沢山のフサフサした根が見えるもの。それは、単子葉類のなかまです。

チューリップ

 

単子葉類の根は、ばらばらになっている沢山の糸を茎の根元で束ねたような形をしています。

この根のことを「ひげ根」といいます。

 

茎には、道管と師管の集まりである維管束という管の束が通っています。

 

その維管束は、単子葉類では「ばらばら」に散らばっています。根でも茎でもバラバラなイメージです。

葉の形は細長くスラっとしています。

よく見ると、(葉脈。葉の維管束です。)が平行に走っています。

 

このような葉脈を「平行脈」といいます。

代表例は、トウモロコシ、イネ、ツユクサ、チューリップ、ユリなどです。

 

植物に対して興味があるご家庭では、このような図鑑が1つあると

会話も弾むのではないでしょうか。

やさしい身近な自然観察図鑑(植物) これなぁに?に答える生きものガイド (いかだ社)

 

 双子葉類はまとまっているイメージ。

ひまわり畑

これもその名の通り、子葉が「2枚」の植物です。

 

草取りのとき、なかなか抜けなくて、スコップなどを使って掘ると、

太い一本の根が真下にのびていて、その根からも横に根が伸びている植物、

見たことないですか?双子葉類のなかまの植物です。

 

双子葉類のキーワードは、「主根と側根」「輪状」「網状」「2枚」です。

双子葉類の根は、太い一本の根、「主根」に「側根」がついています。

 

集めた水や無機養分は主根に送られるようになっています。まとまっているイメージです。

茎のなかの維管束は、双子葉類では「輪状」(輪のよう)に並んでいます。

 

ばらばらではなくまとまっているイメージです。

たんぽぽ

葉の形は、どちらかというと幅があり丸いイメージです。

葉脈は、一本が葉の先端まで伸び、その一本の横から沢山の葉脈が伸びています。

 

この葉脈の形を「網状脈」といいます。

代表例は、タンポポ、ヒマワリ、ツツジ、アサガオなどです。

 

葉っぱを自分流に育てられるこのキットがあれば、お子様の想像力も広がるのではないでしょうか。

気分はカリスマ美容師だ!芝生育てキット

 

 双子葉類は「合」「離」的。

花壇に水をやる女性
続いて、合弁花類と離弁花類です。

 

これは花弁(花びら)の様子から分類するものですが、双子葉類のみの分類で、単子葉類にはありません。

 

ですから、ユリやチューリップなど単子葉類で、合弁花類離弁花類かで悩む必要はないんです。

 

もともとその分類はありません。

双子葉類の説明のとき、まとまっているイメージだと言いましたが、まとまっていて合理的なイメージで覚えるといいと思います。

 

合弁花類離弁花類の分類は、花弁がくっついているか離れているかなので、花を想像するとすぐにわかります。

 

注意するのはキク科です。

 

タンポポの花びらは離れているように見えますが、実は5枚の花びらがくっついて1枚の花びらのようになっています。

キク科である、ヒマワリ、キク、タンポポは合弁花類です。注意してください。

 

合弁花類の代表例は、タンポポ、ツツジ、アサガオなど。

離弁花類の代表例は、アブラナ、ホウセンカ、エンドウなどです。

 

普段の生活にぜひ植物を取り入れてみてはいかがでしょうか。

光触媒人工観葉植物

植物に触れ合う機会を

種まきをする女性

 

ツユクサツツジなど、普段の生活で見ないので、どんな花か想像がつかない子どももいるようです。

 

幼児、小学生のうちに、自然に触れたり、植物園に行ったり、花を育ててみたり、図鑑をみるなどして、植物に感心を持つといいかもしれません。

 

ぜひ、親子で、「理科の時間」を楽しんでみてください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です