あの子のくしゃみはどこまで飛んでるの?拡散の威力

くしゃみすると、想像以上に飛沫が遠くまで飛んでいるのを知っていますか?風邪が流行する前に、くしゃみの威力について勉強してみましょう!

鼻をかむ

 

くしゃみや咳をする時、手で口を抑えるよう子供をしつけますよね。

 

みなさん、くしゃみは何メートル先まで飛ぶのかご存知ですか?

くしゃみが出る仕組みや、脅威の拡散力についてお話してきたいと思います。

 

くしゃみとは?

ティッシュ

 

 

くしゃみのタイプ分け

一口にくしゃみと言っても、さまざま種類がありますね。

みなさんは何タイプですか?

 

とくに女のコをお持ちのお母さんとしては、可愛らしいくしゃみをして欲しいものですね。

 

くしゃみが出る仕組み

部屋を掃除して埃が舞っている時や、コショーの粉末を吸い込んでしまった時など、くしゃみが止まらなくなりますよね?

 

くしゃみの役割について調べてみると・・・

呼吸などによって鼻の粘膜に空気中の異物が付着すると、神経が刺激され、脳に伝達されます。そして脳の指令によって、肺と腹部の間の膜である横隔膜が収縮。肺が風船のように膨らみ、自動的に息が吸い込まれます。それを一気に吐き出すことによって、異物を一緒に体外に排出しているのです。

引用:https://allabout.co.jp/gm/gc/459305/

 

脳の中でも、延髄のくしゃみ中枢に指令が伝えられているとのこと。

 

脳

引用:http://anapanasati2buddha.blogspot.jp/2012/06/blog-post_12.html

 

くしゃみが体に与える影響

ランニング

 

実は、意外にもくしゃみは体力を使うんです。

くしゃみ1回すると、100mを走ったのと同等の約4キロカロリーのエネルギーを消費すると言われています。

 

「くしゃみや咳をしただけで、ぎっくり腰になってしまった…」

という話を聞いたことはありませんか?

 

立った状態や腰に負担がかかる姿勢でのくしゃみは、ぎっくり腰を招くことがあるようです。

さらに高齢者で骨粗しょう症の人は、くしゃみだけで背骨がつぶれてしまうなんていう危険性も…。

みなさん、くしゃみの威力を甘く見ずに日頃から気をつけましょう。

 

くしゃみの拡散力と飛距離

くしゃみ

引用:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/6570/

 

日本ではくしゃみの速さは「新幹線並み」とよくいわれるし、アメリカではしばしば、「時速100マイル(約160キロ)で30フィート(約9メートル)先まで」しぶきが飛ぶといわれるとか。

引用:http://president.jp/articles/-/8234

 

実際のところは、どうなのでしょうか?

 

米マサチューセッツ州マサチューセッツ工科大学(MIT)のジョン・ブッシュ教授が率いる研究チームの研究によると、これまで考えられていたより飛沫は5倍から200倍にも飛ぶことが判明した。最大で1キロメートル先まで飛ぶというのだから驚きだ。

引用:http://blogs.yahoo.co.jp/hoshiyandajp/33089090.html

 

咳やクシャミをすると、細かな飛沫は目に見えないガス雲のような塊になって、遠くへ漂うように移動しているということです。

とても興味深い内容ですね。

 

環境による飛距離の変化

定規

くしゃみの大きさによる違いはわかりませんでしたが、夏場と冬場では違いが出ることがわかっています。

人間とほぼ同じ強さのくしゃみが出るマシンを使って、「夏のくしゃみ」と「冬のくしゃみ」の違いを実験してみました!

 

専門家に伺うと「冬の気候は気温が低く同時に乾燥しているため、くしゃみや咳をして飛沫が飛び散った時、重い粒子は下に落ちる。ただし周りが乾燥しているとそのしぶきが蒸発して軽くなるため、あまり下に落ちずに長く漂う傾向があるので遠くまで飛ぶ」とコメント。

つまり、くしゃみの粒は冬の方が夏より軽くなるため、遠くまで飛んだのです。

引用:http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/13/02/0209.html

 

たとえ手で押さえても、手の隙間からくしゃみの飛沫は漏れてしまうらしいですよ。

インフルエンザの流行る季節は、要注意ですね。こちらのサイトも参考にしてみてくださいね!

 

いかがだったでしょうか?

周りに迷惑がかからないようタオルで口をおさえるなど、マナーのある行動を心がけたいですね!

 

太陽を見るとくしゃみが出る理由はなぜだと思いますか?

↓  次回はくしゃみにまつわる雑学についてお話していきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です