【小学校で掃除する国は珍しい?海外ではやらないって本当?】

小学校で必ず行うものの一つに「掃除」がありますね。 給食後や放課後の掃除時間に思い出があるお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。そんな小学校の掃除ですが、海外では生徒が行うことは珍しいのだとか。 そこで「どうして日本では掃除を行うの?」「海外ではやらないの?」との疑問を調べてみました。

どうして日本の小学校には掃除があるの?

サムネイル

 

日本では掃除自体が大きな意味を持っています。

 

掃除する=人格形成に重要なこと

と捉えられていて、なんとその歴史は江戸時代の寺子屋にまでさかのぼるのだとか。

 

掃除することによって、

清潔の習慣や健康の増進を図ろうとする狙い

があり、学校教育の一環として考えられています。

 

また掃除時間は「生徒を伸ばす場」と捉えている先生もいて、掃除が上手くできるかどうかが学校や学級のバロメーターとされるケースもあるんです。

 

小学校時代に何気なく行っていた掃除には、深い意味があったんですね。

海外ではやらないって本当?

サムネイル

一方、海外で生徒が掃除を行う国の割合は30%弱となっています。
残りの国は専門家に学校掃除を任せています。

 

アメリカやイギリスを始めとした欧米諸国では

「学生は勉強に集中するべき」との考えがあり、生徒が掃除をすることはまずありません。

 

掃除しない=清掃スタッフの雇用を生み出す
というようにプラスとして捉えられている側面もあるようです。

 

「掃除は掃除を仕事とする人に任せよう」ということですね。

 

それでは日本と同じように、生徒が掃除を行う国はどこでしょうか。

それは中国や台湾など

アジア仏教圏

です。
しかし毎日掃除を行う国は少なく、年数回や週に何回かというところが多くみられます。
「毎日掃除を行う」のは日本だけなんですね。

まとめ

サムネイル

当たり前のように行っていた小学校での掃除。
それが「毎日行うのは日本だけ」と聞くと不思議な気持ちになりますね。

 

アメリカやイギリスのように、掃除の専門家に任せる方法も合理的ですが「自分たちの教室は自分たちで」との考えも成長するうえでとても大切になってきます。

 

海外の方が日本に来た時「街がきれいで驚いた」「日本人はきれい好き」と話すのも、学校掃除のお陰かもしれません。

 

海外でも学校掃除の輪が広まり、

2016年にはシンガポールの教育省が学校での清掃を義務付ける政策

を打ち出しています。
続く2018年には、日本の学校掃除を知ったイギリスの先生が自校に掃除の時間を設けています。

 

このように海外でも「日本式」が徐々に普及しつつあり、掃除がもたらす教育効果に再び注目が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です