小学生の自由研究におすすめ!簡単なのにすごい工作 「電流イライラ迷路」

小学生の長期休みの悩みといえば、自由研究。なかなか手を付けられず、気づけばもう休みも終わり…。なんてことも。そんな時に役立つ、1日でできるのにすごい工作「電流イライラ迷路」を皆さんにご紹介します。

ペン

小学生の長期休みの悩みといえば、自由研究。

 

なかなか手を付けられず、気づけばもう休みも終わり…。なんてことも。

 

そんな時に役立つ、1日でできるのにすごい工作「電流イライラ迷路」を皆さんにご紹介します。

 

電流イライラ迷路とは?

昔テレビ番組の中で電流イライラ棒というゲームが行われていたことを覚えていますか?

爆発

実はこれ似たようなものを自分で工作することができるんです!

それが電流イライラ迷路です

 

これは電流が流れる原理を利用しています

電池(+極)→ブザーステンレス線(迷路)→→電池(-極)→リード線(自由に動ける)→ステンレスのリングなっています

つまりステンレスで作った迷路にリングを触れないように通すと成功

途中でリングがステンレス迷路に触れると電気回路に電流が流れブザーが鳴りますすると失敗というわけです

引用:http://www.sunfield.ne.jp/~oshima/omosiro/iraira.html

 

ではさっそく作成に入りましょう!

 

電流イライラ迷路、用意するものは?

工具

作成のために以下を用意する必要があります!

 

  • 土台となる(幅10cm長さ40cmくらいのもの)1枚
  • (土台につけて柱となるもの3cm角くらい)2本
  • くぎ2本(または木ねじ2本)
  • フック2つ銅線18番線か16番線)長さ1mくらい
  • 導線(ビニールつき導線やエナメル線など)
  • 電子ブザー(1.5V用)1個電池ボックス1個乾電池1個
  • ビニールテープガムテープ金づち(木ねじを使う場合ばあいはねじ回まわし)
  • きり
  • ラジオペンチ
  • 紙やすり(エナメル線を使う場合)

 

中には小学生にはわかりにくいものもあるので、子どもと一緒にホームセンターに行き

一緒に探して購入してみてくださいね。

 

電流イライラ迷路、作り方と遊び方

それではまずは作り方をざっくりと、ご説明します!

作ってみよう

工作

まずは土台作ります

釘を使いますのでパパやママがお手伝いしてあげてくださいね

釘を打つときやフックをつけるときは先にキリなどで穴をあけておくとやりやすいですよ

 

②次に迷路作ります

迷路は難しく過ぎると遊ぶときに嫌になってしまいますほどほどの難しさで作ってくださいね

 

回路作ったら完成です

回路はフック電池ブザーの順につなぎますブザーに針金の輪をつなぎます回路ができたらブザーと電池ボックスを土台に固定します

作り方の詳しい手順は後程ご紹介します!

 

遊んでみよう

完成したものを元に、お子さんと遊んでみましょう!

  1. 迷路に触れないようにゴールまで輪を進めていきましょう
  2. 迷路の部分は取り外しできますまずは簡単な迷路でチャレンジしてクリアするごとに徐々に難易度を上げてみてくださいね
  3. 針金の輪の大きさでも難易度が変わります

 

作り方を詳しく解説!

工作

上で説明した手順をもう少し詳しく説明します
  1. 板の両端に柱をくぎで打うちつける
  2. 柱の先にフックをつける
  3. 銅の針金を好すきなように曲げて迷路を作る
  4. 土台に銅の針金で作った迷路をとりつけるはじから2cmくらいにビニールテープをまく
  5. 銅の針金で輪を作る
  6. ビニールつき導線は両端2cmくらいビニールをはごうエナメル線は両端3cmくらいを紙やすりでよくけずろう
  7. 電子ブザーは赤い線を電池のプラス(+)側黒い線を電池のマイナス(-)側につなぐ
小学生には難しいところもありますのでパパやママがお手伝いしてあげてくださいね

 

余裕があれば原理電流の流れ方についてもまとめておくとさらに素晴らしい自由研究になりますね
いかがでしたか
今回ご紹介した工作は小学校の高学年向けです

 

釘などを使うので低学年のお子さんには少し難しいかもしれませんがパパやママが一緒に作ってあげるとできそうですね

 

チャレンジしてみてくださいね

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です