今親がするべきIT教育とは?子供とインターネット教育【第三部】

IT教育に関して、お母さんが子供に対して、何ができるのか?少し考えてみました。早いうちから子供に体験させてあげることが大切かもしれません。

「インターネットってなに?」

 

子供の素朴な疑問から、お母さんが気をつけることまでご紹介する記事第二回です。

今回は、お母さんが子供とインターネットを学ぶ方法を紹介していきます!

 

過去記事はこちらから↓

 

インターネット、どう学ぶ?

お母さんと子供は、インターネットを実際にどのように学んでいけば良いでしょうか?

以下のような方法がおすすめです!

 

①とにかくまずはPCを買い与える

まずはPCを買い与えてあげましょう。

機会を作らなければ、学ぶことはできません。最初の一歩は親が作ってあげましょう!

 

②細かな設定などを全て自分でやらせる

PCを買い与えたあとは、全て自分で設定をさせましょう!

機会を与えたわけですから、あとは自分でなんとかさせなければなりません

 

もちろんデメリットも考えられますが、それは

「子供にバイクを買ったら不良になるかもしれない」ことと一緒です。まずは機会を与えてあげましょう。

 

③IoT製品を買って遊ばせる

次にできることといえば、簡単に知識を体感できるキットを与えてあげましょう。

(こんなキットはいかがでしょう?)

このようにあそびから、仕組みを学べるようにしてあげましょう。

 

④ITものづくり教室に通わせてみる

次に近くのIT教室に通わせてみましょう!

 

近年はこのようにIT教室が増えてきています。

IT教室では、学校の「図工」の延長のような形で楽しみながら、ITを体験することができます。

 

⑤プログラミング教室に通わせてみる

IT教室の上級版が、プログラミング教室だと考えて問題ありません。

最終的には、プログラミングを習わせてみるのが、オススメです!

自分で何か楽しく作る経験をした子供は、強いです!

その後も自分でとにかく思考錯誤して、進んでいきます。

もうパワーが違います!

 

最後は一人立ちさせる!

最終的には自分で見るサイトや、つぶやく言葉を判断し、行動できるようになれば、一人立ち完了です。

あとは自然と自分で学びながら成長していくことでしょう。

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひお子さんと学び、良いリテラシーを親子で身につけて行ってくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です