これでもう痛くない?お子さんの注射の痛みを和らげる方法

大人にとっても子供にとっても、「注射」って恐怖ですよね。 そんなお子さんでも安心して注射が受けられるように、注射の痛みを少なくする方法をご紹介いたします。

注射

 

注射って痛いですよね。

身体は恐怖でかたくなって

針が刺さる瞬間は思わず目をそむけてしまいます!

 

特に子供からしたら、とてつもない恐怖だと思うんですよね。

そんなお子さんでも安心して注射が受けられるように

注射の痛みを少なくする方法をご紹介いたします。

 

注射はなぜ痛いの?

注射

おとなになっても苦手な人が多い注射。

 

しかし、専門家によると予防接種の注射の針は細く

皮下注射のため痛みはそれほど強くないんです!

 

いったいどうして注射は痛いのでしょうか?

 

痛みを感じるのは痛点に刺しているから?

痛点

出典:http://r25.jp/topic/90005294/

 

皮膚には痛みを感じところ(痛点)と痛みを感じにくいところが網目状になっていて

ここに注射針が刺さることによって、人は痛みを感じています。

 

「じゃあ痛点を避けて刺せば、痛みが感じないんだ」

 

というわけではなく、

痛点は小さく、密集しているため痛点を避けて刺すのは難しい事なんです。

特におとなやこどもは痛点の間隔は広いのですが、乳幼児は感覚が狭いため

痛みを感じやすいというわけです!

 

痛みを感じるのは記憶が原因?

脳

 

脳の動きを見てみると注射を見ただけで、

脳内の恐怖を感じる部分や記憶する部分が反応します。

すると、注射を見ただけで痛いと錯覚してしまうわけです。

 

乳幼児は痛みを感じやすいわけですから、成長しても

乳幼児のころの記憶が痛みを感じさせるわけです。

 

痛みを和らげる方法

少しでも、痛みが和らぐように、注射の時に痛みが

和らぐ方法をご紹介します。

 

①力を抜く

注射を受ける男性

 

針を刺す時に、体が硬直していませんか?

恐怖で身体が固まってしまうと、針が通りにくくなったり

余計な力が入ったりすることによって、痛みが生じてしまいます。

深呼吸をして肩の力を抜きましょう。

 

 

②刺されるところを強く押す

注射

出典:http://gossip-navi.com/inful-ziki/

 

注射前に刺されるところを強く押しましょう。

圧迫され、しびれが生じることにより、脳への痛覚を遮断してくれます。

 

③痛くないと思いこむ

リラックス

先ほども記憶が痛みを強くさせるといいました!

なので、別のことを考えたり、注射は痛くないと思いこみましょう。

意外にも効果がありますので、ぜひお勧めです。

 

注射はだれでも痛いもの

 

注射は皮膚に針を通すため、ある程度の痛みはつきもの。

また、免疫が弱いお子さんにとって予防接種はかかせないものです。

 

お医者さんや看護師さんなどの腕の良しあしも関係しますが

注射のイメージが変わるように、少しでも上記の方法を試してはいかがでしょうか!

 

また、お子さんが注射を頑張った際は褒めてあげるのようしましょう。

 

それでは!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です