自分で洗おう!うわばきを真っ白に変身させる方法!

子どものうわばきはすぐに汚れますよね。今回は、そんなお悩みを解決。

すぐに真っ黒になる上履き

 

20160725155705

引用:http://mykaji.kao.com/14413/

 

子どものうわばきはすぐに汚れますよね・・・

 

うわばきは自分で洗うように!」と言っているお母さんも多いはず!

しかし、子どもにとっては、週1回でもめんどくさい・・・

 

そんなお子さんには、かんたんに真っ白になる洗い方を見せてみては?

そして、うわばき洗いに興味をもってもらい、自分で洗うことを週間付けさせましょう。

 

 

うわばきの洗い方

20160812150715

(1)こびりついた泥汚れはブラシで落とす!

泥は洗剤では溶けません。表面にこびりついた泥汚れは乾かしてから、ブラシでこすり落としましょう。その後に使うと、成分が効果的に働き、布目に入り込んだ汚れを引出します。

出典:https://www.cocokarafine.co.jp/healthcare/value/howto/2013/11106980.html

 

(2)浸け置き

uwabaki02

出典:http://mykaji.kao.com/14413/

バケツに靴がつかるぐらいのぬるま湯に洗剤を溶かし、靴を浸け置きします。

一晩浸けておくと汚れがごっそり落ちるのですが、1~2時間程度でも十分汚れが落ちます。

 

 

ガンコな汚れには、高濃度つけおき洗濯がおすすめ!

 

ぬるま湯に「アタック高浸透リセットパワー」を、使用量の目安の6倍程度の濃さ(水5Lに洗剤24g)に溶かし、くつを入れてつけおきます。

accessory08_03

<つけおき時間の目安>

・白物…一晩~1日

・色物…8時間以内

※ゴム部分は黄変やのびなどの劣化があるので、つけおき時間は守りましょう。

※金属類の留具や装飾のついたもののつけおき時間は、1時間以内にしてください。

出典:http://mykaji.kao.com/washing_guide/10236/

 

(3)ブラシで擦る

浸けておいた靴をブラシで擦りましょう!

汚れがひどいところには、洗剤を少量加えて擦ると汚れが落ちると思います。

 

(4)すすぎ

ぬるぬるがとれるまで、しっかりと洗剤を洗い流します。

 

(5)風通しのよいところに置いて乾かす

accessory08_04

出典:http://mykaji.kao.com/washing_guide/10236/

ダメージや色落ちを防ぐために、日の当らない日陰で干しましょう。

 

上履き洗いの必需品

汚れ落としにオススメのグッズをご紹介!

これを使えば、かんたんに汚れがおち、子どもたちもびっくりすること間違いなし!

 

■ウタマロ石鹸

img2

出典:http://www.e-utamaro.com/products/sekken

 

 

20160725163734

出典:http://www.e-utamaro.com/products/sekken

除菌・消臭効果もあり、うわばきの頑固な汚れも落とします。

 

■エネロクリーン   

010

出典:http://news.mynavi.jp/news/2015/09/24/020/

漂白剤が入っているので真っ白になります。
■歯磨き粉
20160725161222

真っ白のうわばきの秘密は練り歯磨き

うわばきは、週末にマメに洗ってもすぐに汚れてしまいます。

洗濯して干す前に、練り歯磨きをすり込んでみてください。今までにないような白い仕上がりになるだけでなく、あとからついた汚れも落としやすくなります。

出典:http://www.himawarigas.com/himawarilife/chie/10.html

 

今週から上履きあらいの担当は自分で!

20160915190719

かんたんにキレイに洗えることを教えることで、子どもたちには自分で洗ってもらいましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です